2020年04月09日

パスワード

売上

2020年1月売上高

売上
| 2020/03/09 02:03

全国百貨店 31%減 衣料中心に冬物苦戦 春節で免税が2桁増 日本百貨店協会が調査した全国百貨店(75社・207店)の1月売上高は4703億円余で、前年比(店舗調整後)は31%減となり、前月(50%減)よりもマイナス幅が19ポイント改善したものの、4カ月連続減となった。暖冬の影響によって主力の衣料品を中心に冬物商材が苦戦し、クリアランス・・・

さらに読む

3月度 大手百貨店3社 売上速報

髙島屋 店名 売上高前年比 大阪店 -474 堺店 -190 京都店 -333 泉北店 -156 日本橋店 -339 横浜店 -372 港南台店 -183 新宿店 -412 玉川店 -229 立川店 -237 大宮・・・

さらに読む

2月度 大手百貨店3社 売上速報

髙島屋 店名 売上高前年比 大阪店 -256 堺店 -30 京都店 -156 泉北店 -21 日本橋店 -08 横浜店 -110 港南台店 06 新宿店 -161 玉川店 04 立川店 -51 大宮店 -62 ・・・

さらに読む

19年12月 大手百貨店3社 消費増税後の反動残る インバウンド低調 特選、化粧品、宝飾に伸び

売上
| 2020/02/12 01:02

大手百貨店3社の12月売上高は、消費増税後の駆け込み需要の反動減と、休日2日減(土曜日と祝日)と暖冬の影響が重なり、いずれも減収だった。ただ減収幅を改善した店舗と、逆に広がった店舗もあり、まだら模様だ。   前月に48%減まで復調していた髙島屋は、52%減と僅かながらマイナス幅が広がった。入店客数も前月の08%減から16%減に下・・・

さらに読む

19年12月 東京地区百貨店 3.2%減 食品2カ月連続増 惣菜と菓子けん引

売上
| 2020/02/12 01:02

東京地区百貨店(12社・25店)の12月売上高は1750億円余で、前年比(店舗調整後)は32%減となり、前月(47%減)より改善したものの、消費増税後の駆け込み需要の反動減が続き、3カ月連続減。ただ、非店頭は前月のマイナス(03%減)から32%のプラスに転じた。店頭(構成比905%)は休日(土曜・祝日)が2日少なかったこともあり、38%減(前月52%減)だっ・・・

さらに読む

19年12月売上高 暖冬と休日減響く 全国百貨店 0.5%減 3カ月連続マイナス

売上
| 2020/02/12 01:02

日本百貨店協会が調査した全国百貨店(76社・208店)の19年12月売上高は6404億円余で、前年比(店舗調整後)は50%減となり、3カ月連続のマイナス。前月(60%減)よりもマイナス幅は改善したものの、消費増税後の反動が残り、暖冬で重衣料など冬物商材が苦戦した。これらに土曜・祝日の2日減、円高などによるインバウンド不調のマイナス与件が重なった。 &n・・・

さらに読む

優勝劣敗が顕在化 消費増税の影響残る 2019年暦年 小売り業界別売上高

百貨店、チェーンストア、コンビニエンスストアの2019年(令和元年)の暦年(1~12月)売上高が出揃った。全国百貨店は既存店(店舗数調整後)で14%減となり、前年に続くマイナスで、その幅は06ポイント広がった。チェーンストアの既存店前年比は18%減となり、前年よりマイナス幅が16ポイント広がり、4年連続のマイナス。コンビニは全店が17%増、既存店が04%増で・・・

さらに読む

2019年11月売上高 チェーンストア コンビニ ショッピングセンター

売上
| 2020/01/15 03:01

チェーンストア 食品は前年並み 衣料と住低調   日本チェーンストア協会が調査した11月のチェーンストア総販売額(55社・1万538店)は、9967億円余で、店舗数調整後の前年比は14%減となり、前月(41%減)よりマイナス幅が改善したものの2カ月連続減だった。日本チェーンストア協会では「気温が高めで推移した天候要因もあり、食料品、衣料・・・

さらに読む

2019年11月大手百貨店3社 回復基調も連続減収 高額品と免税が伸び悩む

売上
| 2020/01/15 03:01

大手百貨店3社の11月売上高は、土曜日1日増のプラス与件もあり、消費増税前の駆け込み需要の反動減を強いられた前月よりも減収幅が改善されたものの、いずれも減収だった。高額品が苦戦し、増税前の恩恵が大きかった大都市基幹百貨店も伸び悩んだ。   前月189%減だった髙島屋は48%減まで回復。入店客数も前月の83%減から08%減まで戻し・・・

さらに読む

2019年11月東京地区百貨店売上高 4.7%減 家電は6カ月連続増 食品と家庭プラス 

売上
| 2020/01/15 03:01

東京地区百貨店(12社・25店)の11月売上高は1423億円余で、前年比(店舗調整後)は47%減となり、前月(190%減)から大幅に改善したものの、消費増税による駆け込み需要の反動減が続いた。店頭(構成比900%)は52%減(前月191%減)、非店頭が03%減(同186%減)。入店客数も、食品催事や販促策、改装などが集客に寄与して、前月(105%減)に比べ改・・・

さらに読む