2021年09月28日

パスワード

関東・甲信越

高島屋横浜店、店外ホールをワクチン接種会場として提供

高島屋横浜店
| 公開日: 2021/09/06 07:09

高島屋横浜店は所有する店外ホール「横浜駅西口 ローズホール」をワクチンの集団接種会場として横浜市に無償提供する。横浜市で実施している集団接種会場の1つとして、10月14日から使用される予定。 「横浜駅西口 ローズホール」は横浜駅西口から徒歩6分の位置にある。会場面積は1階部分で1241㎡。 ワクチン接種に関する情報・予約は、横浜市のホームページか・・・

さらに読む

丸広百貨店が直営する魚の惣菜売場、“安くて美味い”が支持され初年度黒字へ

丸広百貨店
| 公開日: 2021/08/29 12:08

魚の惣菜なら、どこにも負けない――。丸広百貨店が昨年11月4日に川越店の地下1階に開いた、直営の魚の惣菜売場「丸広魚彩(まるひろうおさい)」が好調だ。焼き魚や煮魚、フライ、弁当など常時20種類前後を揃えるが、全て旬の魚の“生”か一夜干しを使い、フライは骨を丹念に取り除くなど質を追求するとともに、価格は“デパ地下”で魚の惣菜を販売するショップより100~200・・・

さらに読む

東武船橋店、個室型のベビーケアルームを設置

東武船橋店
| 公開日: 2021/08/06 05:08

東武百貨店船橋店は6日、7階のレストラン街に個室型のベビーケアルーム「mamaro(ママロ)」を設置した。周囲の目を気にせず、おむつの交換や授乳などが行える。個室のため、男性も利用が可能だ。室内は抗菌仕様で、コンセントや内鍵も設置。利便性は高い。 ママロはTrim(トリム)社が手掛ける。高さは2016cm、幅は180cm、奥行きは90cmと1畳・・・

さらに読む

梅雨真っ盛り、百貨店は機能とファッション性の両軸で傘を拡販

松屋銀座店   京王新宿店   そごう横浜店
| 公開日: 2021/07/02 07:07

梅雨も真っ盛りだが、百貨店業界では傘をはじめとするレイングッズの拡販に熱が入る。近年の傘の売れ筋のキーワードは「軽量」、「ミニ」、「晴雨兼用」、「耐風」。軽く、コンパクトで、天候を問わずに使える傘に需要が集まる。百貨店ならではのデザイン性に長けた傘を求める客には、インポートを含めた“ブランド志向”も根強い。今年は傘用のケースの動きも良く、そごう横浜店では一時・・・

さらに読む

東武船橋店、マツモトキヨシを誘致 地域住民の利便性向上

東武百貨店   東武百貨店船橋店
| 公開日: 2021/05/26 11:05

東武百貨店船橋店は30日、「薬マツモトキヨシ東武船橋 B1店」を地下1階にオープンする。店舗面積は約100坪。医薬品やサプリメント、コスメ、ビューティー、トイレタリー、生活雑貨などを揃え、セルフメディケーションをサポートするプライベートブランド「matsukiyo」も扱う。食品を展開する同階に開くことで多くの生活必需品がワンフロアで揃うようになり、利便性の向・・・

さらに読む

今こそ百貨店とメーカーが一丸で“衣料品・雑貨販売革命”を 高島屋執行役員新宿店長・難波斉氏に聞く

高島屋新宿店   高島屋
| 公開日: 2021/05/17 06:05

百貨店とアパレルメーカー、服飾雑貨メーカーの共存共栄に秘策アリ――。今年3月1日付で高島屋新宿店長に就いた難波斉執行役員には、前任のジェイアール東海高島屋常務営業本部長時代に描き、温めてきた“衣料品・雑貨販売革命”のプランがある。百貨店業界は長く、衣料品を利益の根源としてきた。しかし、ファストファッションやインターネット通販サイトの台頭などを背景に、近年は不・・・

さらに読む

丸広百貨店、21年2月期は最終赤字21億8600万円

丸広百貨店
| 公開日: 2021/05/07 01:05

丸広百貨店は7日、2021年2月期の業績を発表し、21億8600億円の最終赤字を計上した。コロナ禍の影響は甚大で、売上高が前期比171%減の384億円にとどまり、営業損益は2億7300万円の赤字(前期は4億4800万円の黒字)、経常損益は2億7200万円の赤字(前期は3億3400万円の黒字)。今年2月14日での日高店の閉鎖、早期希望退職の実施、店舗の減損処理・・・

さらに読む

京急百貨店、6月に紙製手提袋を有料化 一部を環境保全活動へ寄付

京急百貨店
| 公開日: 2021/05/06 04:05

京急百貨店は6月1日、紙製手提袋を有料化する。価格は一部の売場で異なるが、税込み10円。売上げの一部は公益財団法人「かながわトラストみどり財団」を通じ、神奈川県三浦市にある「小網代の森」の保全活動へ寄付する。京急グループのESG経営の一端を担う環境活動の一環で、紙製手提袋の削減による森林資源の有効活用と、収益の寄付による環境保全を目指す。 京急百貨店は・・・

さらに読む

東神開発、流山おおたかの森S・C FLAPSを3月31日開業

東神開発
| 公開日: 2021/04/01 09:04

高島屋の連結子会社 東神開発は3月31日、つくばエクスプレス・東武アーバンパークライン「流山おおたかの森駅」前に「流山おおたかの森S・C FLAPS(以下フラップス)」を開業した。地上6階建てで、敷地面積は2900㎡、延床面積約1万1300㎡。流山おおたかの森S・C本館や駅とは広場を中心に弧を描く木質デッキが開通した。 東神開発は2004年から行政等の・・・

さらに読む

そごう川口店閉店、「さよならの前に、できること」を毎月メッセージ

そごう川口店
| 公開日: 2021/03/17 05:03

そごう川口店は21年2月28日の閉店に向けて「さよならの前に、できること。」をテーマに、地元・川口に向けてメッセージを発信してきた。閉店に向けて動き出してからもコロナの影響が及ぶ中、地元埼玉商材、そごうロゴ入り菓子、日替わりお取り寄せ食材、普段扱っていない商品の投入、フェルメール光の王国展、北海道物産展、クリスマス、バレンタイン、そして29年分の感謝を込めた・・・

さらに読む

地域・沿線に根差すため、エンタメと貢献を軸にスクラム組む東武船橋店とクボタスピアーズ

≪連載≫百貨店とスポーツ団体が描くウィンウィンの構図 第3回 東武船橋店×クボタスピアーズ 地域密着で共存共栄を――。主に郊外や地方に位置する百貨店とスポーツ団体の協業が活発だ。ともに、地域密着戦略が生命線。集客力で勝る大都市の百貨店やスポーツ団体に対抗するためには、地域でのプレゼンスやロイヤルティを高め、〝足元〟を固めなければならないからだ。ただ、単・・・

さらに読む

そごう横浜店、コロナ禍に対応した紳士のライフスタイルゾーンを新設

そごう横浜店   そごう・西武
| 公開日: 2021/03/01 01:03

そごう横浜店は2月26日、コロナ禍による新しい生活様式に対応した「メンズライフスタイルゾーン」を5階の紳士フロアに新設した。コスメ、眼鏡、ワイシャツなど身だしなみアイテムを揃えたメンズビューティーゾーン、アウトドアファッションやキャンプ用アイテムなどを集めたメンズカジュアルゾーン、ゴルフゾーンで構成。テレワークの普及などによって需要の高まるメンズコスメやアウ・・・

さらに読む