2020年09月25日

パスワード

コラム

デジタルの活用を加速し、「安心に便利」発信 そごう・西武

《連載》「ウィズ・コロナ」に求められる安全・安心な買い物環境を提供する百貨店 第3回 そごう・西武 「ウィズ・コロナ」の時代に、どう安全・安心な買い物環境を提供できるか――。全館営業を再開した百貨店業界の各社は、配慮や工夫に余念がない。消毒、検温、マスクやフェイスシールドの着用、ソーシャルディスタンスの確保など手法は多岐に亘るが、根幹には〝おもてなし〟・・・

さらに読む

マルチハザードの時代に耐えられる力を育む 大丸松坂屋百貨店

《連載》「ウィズ・コロナ」に求められる安全・安心な買い物環境を提供する百貨店 第2回 大丸松坂屋百貨店 「ウィズ・コロナ」の時代に、どう安全・安心な買い物環境を提供できるか――。全館営業を再開した百貨店業界の各社は、配慮や工夫に余念がない。消毒、検温、マスクやフェイスシールドの着用、ソーシャルディスタンスの確保など手法は多岐に亘るが、根幹には〝おもてな・・・

さらに読む

「ウィズ・コロナ」の時代は、お客様と従業員の安全・安心が第一 三越伊勢丹

《連載》「ウィズ・コロナ」に求められる安全・安心な買い物環境を提供する百貨店 第1回 三越伊勢丹 「ウィズ・コロナ」の時代に、どう安全・安心な買い物環境を提供できるか――。全館営業を再開した百貨店業界の各社は、配慮や工夫に余念がない。消毒、検温、マスクやフェイスシールドの着用、ソーシャルディスタンスの確保など手法は多岐に亘るが、根幹には〝おもてなし〟が・・・

さらに読む

遠鉄百貨店、「コロナ後」見据えEC強化

政府が発令した緊急事態宣言を受け、百貨店業界では店舗の臨時休業や生活必需品を扱う一部の売場での営業が続く。3月や4月の売上げは過去に例を見ないほど落ち込み、経営は厳しさを増しつつある。そうした中でも、地域住民の生活を支えるため、外出を自粛する人々の毎日に〝潤い〟を与えるため、さらには従業員を守るため、各社は食料品売場やインターネット通販を拠点に奮闘する。その・・・

さらに読む

【コラム】事業再開への準備を

  (渡辺林治 リンジーアドバイス代表) 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国民の外出自粛を求める非常事態宣言が5月末まで延長されることになりました。百貨店の皆様におかれましては、休業や営業縮小などを余儀なくされ、本当に大変なことだと存じます。また、ウェブサイトを活用した北海道物産展の開催など、取引先を守ろうとする取り組みには敬意を表した・・・

さらに読む

高島屋、「3密」を避けるドライブスルー方式に商機

政府が発令した緊急事態宣言を受け、百貨店業界では店舗の臨時休業や生活必需品を扱う一部の売場での営業が続く。3月や4月の売上げは過去に例を見ないほど落ち込み、経営は厳しさを増しつつある。そうした中でも、地域住民の生活を支えるため、外出を自粛する人々の毎日に〝潤い〟を与えるため、さらには従業員を守るため、各社は食料品売場やインターネット通販を拠点に奮闘する。その・・・

さらに読む

京王聖蹟桜ヶ丘店、地域のライフラインを担う

政府が発令した緊急事態宣言を受け、百貨店業界では店舗の臨時休業や生活必需品を扱う一部の売場での営業が続く。3月や4月の売上げは過去に例を見ないほど落ち込み、経営は厳しさを増しつつある。そうした中でも、地域住民の生活を支えるため、外出を自粛する人々の毎日に〝潤い〟を与えるため、さらには従業員を守るため、各社は食料品売場やインターネット通販を拠点に奮闘する。その・・・

さらに読む

百貨店の井上、地元の飲食店や宿泊施設を支援

政府が発令した緊急事態宣言を受け、百貨店業界では店舗の臨時休業や生活必需品を扱う一部の売場での営業が続く。3月や4月の売上げは過去に例を見ないほど落ち込み、経営は厳しさを増しつつある。そうした中でも、地域住民の生活を支えるため、外出を自粛する人々の毎日に〝潤い〟を与えるため、さらには従業員を守るため、各社は食料品売場やインターネット通販を拠点に奮闘する。その・・・

さらに読む

大丸松坂屋 、「母の日」牽引役にネット通販が高伸長

政府が発令した緊急事態宣言を受け、百貨店業界では店舗の臨時休業や生活必需品を扱う一部の売場での営業が続く。3月や4月の売上げは過去に例を見ないほど落ち込み、経営は厳しさを増しつつある。そうした中でも、地域住民の生活を支えるため、外出を自粛する人々の毎日に〝潤い〟を与えるため、さらには従業員を守るため、各社は食料品売場やインターネット通販などを拠点に奮闘する。・・・

さらに読む

百貨店20年春 改装の焦点 独自の価値創出カギ

「コロナショック」による影響が懸念される中、百貨店業界では「従来型百貨店」からの脱却を目指した改装が粛々と進んでいる。今春は、伊勢丹新宿店と日本橋三越本店の第2期リモデル、阪急うめだ本店の中層階など、大都市の基幹店の改装が相次いでいる。強化領域はラグジュアリー(特選・時計・宝飾)とビューティー(美)で、加えてフード(食・飲食)の拡充や雑貨(生活・服飾)の再編・・・

さらに読む

“リアルならでは”深化 特集 婦人ハンドバッグ

平場の利点を生かして復活だ――。ライセンスブランドの低迷を背景に、百貨店業界で婦人ハンドバッグ売場の苦戦が長期化する中、品揃えや環境などを自在に変えられる平場をフックに、商況を好転させた百貨店がある。京王百貨店新宿店と大丸梅田店だ。両店は中心顧客の好みを分析した上で、”刺さる”可能性が高いブランドを探し求め、積極的に平場へ誘致。全てが成功するわけではないが、・・・

さらに読む

“旬、体験、共創力”で独自性 「デパ地下」の魅力化の鍵

多くの百貨店にとって「食」領域は、わざわざ来店してもらえるリアル店舗の魅力化に欠かせないカテゴリーに違いない。ただ他の大型商業施設も食領域を強化しており、「デパ地下」に匹敵するショップが展開され、新業態も続々と登場している。引き続き「デパ地下」並びに「百貨店ならではの食提案」の進化に向け、モノ・コト・ヒトによる新しい価値提供が不可欠であり、これらの継続性が肝・・・

さらに読む