2020年07月04日

パスワード

百貨店

新潟伊勢丹 段階的な改装に着手 21年秋完成へ 30~40代に照準

新潟三越伊勢丹は1月中旬、新潟伊勢丹の大規模改装に着手する。30代~40代のファミリーをメインターゲットに、50億円~100億円を投じて全体の6~7割を刷新。雑貨をはじめ30~40代向けの品揃えを拡充するほか、売場で扱う商品の量を約8割に減らして休憩用のスペースを増やし、従来は7階に構えるレストラン街を各階に配置するなど、全館を再構築する。完成は2021年秋・・・

さらに読む

阪急メンズ東京 公式アプリ開発 店員が自由に情報発信

阪急メンズ東京   アプリ
| 2020/01/27 01:01

阪急メンズ東京は店舗の公式アプリを開発し、19年12月14日に運用を始めた。アプリには館内に入る全140店舗の専用ページを設置。普段利用するショップを登録しておけば不要な通知が大量に届くストレスを軽減できる。店員が自由に情報を発信できるのも特徴で、その日に入荷した新作や着こなし方を紹介するなど、接客ツールとしても活用。アプリを通じ客一人ひとりに合った関係を構・・・

さらに読む

下関大丸、3月全館改装 ハイブリッド型の構造へ

大丸松坂屋百貨店は子会社の下関大丸を吸収して直営化するのに伴い、3月1日付で百貨店の屋号を大丸下関店に変更し、2002年以来、18年ぶりに全館改装する。地方郊外店の新たなモデル店舗としての位置付けで、従来の百貨店のビジネスモデルに加え、定期賃貸借の売場を大幅に取り入れたハイブリッド型の事業構造に転換する。工事区画面積は8330平米。オープン時期は3月中旬を予・・・

さらに読む

郊外店、食品を強化「髙島屋堺店」こだわり鮮明化「京阪百貨店モール京橋店」働く女性に照準

 郊外に位置する百貨店が、食料品売場の改装に意欲的だ。髙島屋堺店は11月27日、約20年ぶりに1階の食料品売場をリニューアル。自主編集売場を開設するなどで、品揃えの「上質」や「こだわり」を鮮明化した。京阪百貨店モール京橋店も同28日、地下1階の食料品売場を新装し、全国の銘品を集める「美味衆合」、その菓子版の「美味折々」を拡大。直営の鮮魚売場には海鮮弁当を扱う・・・

さらに読む

“いちご一色”スイーツ特集

百貨店において定番とも言える、いちごスイーツなどを集めたいちごフェアが今年も続々とスタートする。東武百貨店池袋本店は7日から、栃木産のいちごを使用したフェアを開催。スイーツだけでなくタイ料理やサラダなどと組み合わせたメニューをレストランで提供する。あべのハルカス近鉄本店は8日から限定も含めたいちごスイーツを売り出し、合わせて地元である大阪発のブランド「ちはや・・・

さらに読む

百貨店の福袋 体験型の魅力競う 多彩なタイアップラグビーから行政まで

タイアップ   ラグビー   福袋
| 2019/12/11 03:12

百貨店ならではの〝夢体験〟を――。百貨店業界の各社は2020年の初売りで扱う福袋で、体験型の魅力を競う。有名人と触れ合える、特別な場所を訪れられる、あるいは通常では考えられない価格で多くの商品を買えたり、食べられたり、新年に相応しい華やかさや〝破格〟が目白押しだ。いずれも数量限定で、売上げを牽引するわけではないが、内容のインパクトは客に興味を湧かせ、来店の動・・・

さらに読む

松屋銀座本店、インフルエンサーとコラボ、魅力をPR

松屋銀座本店   コラボ   松屋銀座
| 2020/01/17 01:01

松屋銀座本店は福袋の発売に向け、インフルエンサーの発信力を活用する。12月2日に写真共有アプリ「インスタグラム」のインフルエンサー20名を招待した事前体験会を開催し、福袋約30点を試したり、撮影したりしてもらった。今回の福袋は店頭で遊んだり中身を選んだりする体験型を多く揃えるため、それらの内容をわかりやすく拡散してもらう。また、普段あまり百貨店に足を運ばない・・・

さらに読む

【東京】台風の影響大 19%減 全国水準を下回る

| 2019/12/11 08:12

東京地区百貨店(12社・24店)の10月売上高は1043億円余で、前年比(店舗調整後)は190%減となり、全国水準を下回った。消費増税後の反動減に見舞われた前回の14年4月(108%減)よりもマイナス幅が大きい。前月(207%増)の消費増税前の駆け込み需要の反動減に加え、台風19号による臨時休業や営業時間短縮、訪日外国人観光客の減少などのマイナス与件が重なっ・・・

さらに読む

大手百貨店3社軒並み2割前後減 ファッション不振

| 2019/12/11 09:12

特撰、時計などマイナス小幅に 大手百貨店3社の10月売上高は、高額品を中心に消費増税前の駆け込み需要が盛況だった前月の反動減に加え、台風19号による一部店舗の臨時休業や営業時間短縮の影響で、いずれも大幅な減収を強いられ、かつマイナス幅も18%台のほぼ同水準だった。 前月311%増だった髙島屋は、全店が減収となり、189%減。10月12日に関東など・・・

さらに読む

松屋は子スキャンデックスと、初のキャラクタービジネスに参入

松屋銀座
| 2020/01/10 09:01

松屋は子会社で北欧ブランドの専門商社・スキャンデックスと、初のキャラクタービジネスに参入する。両社は共同でプロジェクトを立ち上げ、スキャンデックスが二〇一八年にグローバルライセンスを取得したフィンランド発のキャラクター「ムーミン」に関連する商品開発や販売を手掛ける。第一弾は松屋銀座本店の食品部と連携し、「ブルガリ イル・チョコラート」(以下、ブルガリ)とコラ・・・

さらに読む