2020年09月23日

パスワード

伊勢丹新宿店の新サービス「マッチパレット」体験レポート

2020/08/24 6:00 am

伊勢丹新宿店本館3階「イセタンパーソナルラボ」に導入された新サービス「マッチパレット」を体験してきました。

マッチパレットは女性インナーの大手メーカーワコールが開発した3Dボディスキャン技術を、百貨店の婦人服に活用したものです。全身のサイズを5秒で計測、可視化された体型データに基づき、プロのスタイリスト(販売員)がひとりひとりに「マッチする」スタイリングを提案する無料のサービスです。約50ブランド、約1万種類の洋服から、要望に沿う最適なスタイリングを提案してもらえます。

マッチパレット 機器

広い試着室が2つ分ぐらいの広さの個室に計測器が設置してあります。

まず売場につくと笑顔で迎えてくれた担当の山本さん。そのまま計測器のある個室へ向かいます。個室では簡単に説明を受け、後は一人で着替え~計測~身支度を行います。

山本さんによると「計測器の導入前は全身のサイズをメジャーで測るのに15分程度はかかっていました。その時間を短縮できるのは大きいです。また私たちは万全の対策をしていますが、それでも新型コロナウイルスの影響で人との接触が気になる方はいらっしゃいます。個室はお客様ごとに消毒しているので、ストレスなく計測していただけます」と導入の効果についてコメントをいただきました。

早速服を脱いで計測できる格好になります。紙製の使い捨て下着も用意されていて安心。頭のてっぺんからつま先まで計測するので、アクセサリーも外し、髪が長い人はまとめます。もしわからないことがあっても壁のボタンを押せば担当の方が駆け付け教えてくれるそうです。そしていざ計測へ!

計測の流れはすべて動画でわかりやすく説明してくれるので一人でも簡単にできました!

計測自体は一瞬で終わります。フレームだけ(フレームにカメラのようなものが付いています)の計測器の中央に立ち、ハンドルを握って……5秒で全身のサイズ計測が完了します。暗くなったり、フラッシュがたかれたりということもありません。自分で操作しますが、目の前のモニターに表示されるお手本を見ながらなので難しいことは一切ナシ! 販売員の方がすべて手作業で測っていたことを考えると、私たち客側も販売員の方も双方、手間・ストレスがなくなります。

体験の様子

データをもとにコンサルティングしてくれます(写真はモデルさんです)

身支度を整えて部屋の外にでると、もうタブレットにサイズのデータが転送されてきています。ここからが「ファッションの伊勢丹」の真骨頂。サイズをもとに胴回りの形、上半身の形状、下半身の形状を27パターンに落とし込み、「私のサイズ」を分類してくれます。その分類からオススメのファッションアイテムを提案してくれるのです。

私が感動したのはただ単に「入る」アイテムを教えてくれるのではなく、体型に合うアイテムを勧めてくれたこと。これ、結構難しいことだと思いました。数字上でいえば入るアイテムを提案するのは簡単です。でも体の厚みやバランスを考えて「似合うファッション」を提案してくれるのです。例えば私は適度なボリュームが上半身、下半身ともにあるとのことだったので、胸元のVが深いジャケットやロングネックレス、ボックスプリーツのスカートなど縦のラインを強調できるアイテムをオススメしていただきました。よく見ると手持ちでお気に入りの服に似たアイテムも。私に合うブランドやコーディネートも提案してもらえるのでとても参考になりました。

30分のコースはここまで。90分コースだとこの後、データをもとに商品を実際に試着したり、気に入れば購入することもできます。

18か所のサイズとトップ、ボトムのチャート、体型を分類した結果などをプリントアウトしたカードがもらえます

最後には身体の18カ所のサイズをプリントしたカードももらえるので、そのサイズをもとにオンラインで購入もできます。また顧客として登録されるので「マッチパレット」公式LINEアカウントからいつでも販売員の方に相談や質問ができるようになるそうです。便利!

私はカードをもってそのまま店内を散策。販売員さんにカードを見せて、みごとピッタリサイズのボトムを購入できました!以上マッチパレット体験レポートでした.