2022年07月07日

パスワード

高島屋横浜店、東北の駅弁を支援

ネット上で話題を呼び、多くの人で賑わっている

高島屋横浜店は3月30日、東北地方の駅弁を販売する「東北旅行を満喫 東北駅弁まつり」を始めた。コロナ禍に同16日の地震が重なり、苦境に立たされる東北地方の駅弁業者を支援する。宮城県、岩手県、青森県を中心とした駅弁を、4月5日まで地下1階の惣菜売場で販売する。

駅弁は「吉田屋」、「こばやし」、「斎藤松月堂」の3社から、全10種類を用意。「こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当」、「鮭いくらまぶし弁当」、「仙台牛ひとめぼれ」などがある。

同催事について事前に告知をしたところ、「東北地方を応援する」という趣旨が話題を集め、SNSを中心に拡散された。30日は非常に盛況で、昼前に売り切れた駅弁もあった。「告知を見て、応援のために購入してくれたお客様が多かった」(猿田文彦食料品副部長)という。