2020年07月04日

パスワード

三越伊勢丹ホールディングス

「ウィズ・コロナ」の時代は、お客様と従業員の安全・安心が第一 三越伊勢丹

《連載》「ウィズ・コロナ」に求められる安全・安心な買い物環境を提供する百貨店 第1回 三越伊勢丹 「ウィズ・コロナ」の時代に、どう安全・安心な買い物環境を提供できるか――。全館営業を再開した百貨店業界の各社は、配慮や工夫に余念がない。消毒、検温、マスクやフェイスシールドの着用、ソーシャルディスタンスの確保など手法は多岐に亘るが、根幹には〝おもてなし〟が・・・

さらに読む

三越伊勢丹ホールディングス 6月25日付 人事

【役員人事】 新職 継続職 旧職 氏名 参与 三越伊勢丹常勤監査役 山本健雄 (6月25日付)・・・

さらに読む

2020年5月 大手百貨店4社売上高

臨時休業の影響大きく、前月に続き大幅な減収 大手百貨店4社の5月売上高は、前月に続き新型コロナウイルス感染拡大に伴い発出された緊急事態宣言に応じ、臨時休業や営業時間短縮など営業自粛によって大幅な減収を強いられた。5月中旬から段階的に営業範囲を拡大したこともあり、前月よりもマイナス幅が縮小した。 4月が692%減まで落ち込んだ髙島屋・・・

さらに読む

三越伊勢丹、チャリティプロジェクト「#みんなでマスク」始動

三越伊勢丹は17日、チャリティプロジェクト「#みんなでマスク」を開始した。ECサイトで40を超えるアパレルブランドから提供された生地を使用したマスクを販売する。生産は仕事が減少した縫製業者が行い、収益は医療関係支援の寄付などに充てる。17日~25日には伊勢丹新宿本店でマスクの展示を実施し、協力したブランドのデザイナーや関係者、縫製工場、繊維商社のメッセージも・・・

さらに読む

(三越伊勢丹ホールディングス)お客さまのサステナビリティアンケート結果報告

2020年02月07日(金)~2020年02月25日(火)に三越伊勢丹WEB会員の皆さまを対象に、本年で8回目となるサステナビリティ活動に対するWEBアンケートを実施いたしました。8933名の方がご回答くださいました。ご協力いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。頂戴した貴重なご意見は、今後のサステナビリティ活動に活かしてまいりたいと存じます。 ・・・

さらに読む

(三越伊勢丹ホールディングス)三越伊勢丹グループの新型コロナウイルス感染拡大予防対策

三越伊勢丹グループ国内店舗では、緊急事態宣言を受け、時短短縮営業や、店舗休業をしており、お客さまには大変ご不便をおかけしました。5月30日(土)の国内グループ百貨店全店舗の営業再開後は、安全・安心なお買い物環境の確立を第一に、お客さまと従業員の安全確保に努めています。   詳細はこちら 営業再開にともなう具体的な店舗の取り組みとお買い・・・

さらに読む

2020年4月 大手百貨店3社売上高

臨時休業強いられ、大幅減収 大手百貨店3社の4月売上高は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い発出された緊急事態宣言に応じ、臨時休業や営業時間短縮など営業自粛によって大幅な減収を強いられた。 3月が123%減だった髙島屋(国内百貨店子会社含む)は、4月8日以降、緊急事態宣言が発出された都府県の大型店舗の臨時休業(食品フロア除く)を実施したため・・・

さらに読む

2020年5月 全国百貨店売上高

グランデュオ   京阪百貨店   名鉄百貨店   藤井大丸               
| 2020/06/25 04:06

前月よりやや持ち直すも、新型コロナの影響続き65%減 日本百貨店協会が調査した全国百貨店(73社・203店)の5月売上高は1515億円余で、前年比(店舗調整後)は656%減となり、前月に続く大幅なマイナスで8カ月連続減だった。新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言に伴い、全国の百貨店が営業自粛を強いられたが、月後半から宣言が段階的に・・・

さらに読む

2020年4月 全国百貨店売上高

グランデュオ   京阪百貨店   名鉄百貨店   藤井大丸               
| 2020/06/09 04:06

新型コロナが直撃 過去最大の減少率に 日本百貨店協会が調査した全国百貨店(73社・203店)の4月売上高は1208億円余で、前年比(店舗調整後)は728%減となり、7カ月連続減だった。前月(334%減)より394ポイントも下がり、統計開始(1965年1月)以来、最大の減少率を強いられた。新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、緊急事態宣言が4月7日・・・

さらに読む

2020年6月 主要百貨店大手7社 売上速報

前年の80%台まで戻る 地方・郊外は1桁の減収幅に 主要百貨店の6月売上高(速報値)は、10%台半ばから後半の減収幅に戻ってきた。6月も時短営業を続け、大型の集客催事や販促施策などを自粛して営業していたが、臨時休業を強いられていた5月から大幅に回復。大都市の基幹店と比べ、地方都市・郊外立地店舗が健闘し、一桁台の減収幅まで回復してきている。夏のクリアラン・・・

さらに読む