2024年03月04日

パスワード

環境や地域の課題を見つめ直す“ホリデー装飾”が登場!

今年のホリデーシーズンは“サステナビリティ”がキーワード

大丸松坂屋百貨店は、サステナビリティ活動の一環として、自然環境について考える「Think GREEN」、地域の課題解決について考える「Think LOCAL」という取り組みをお客様、地域の方々と共に行っています。
その取り組みのもと、全国の大丸松坂屋の店舗では、環境や地域産業、地域の方々の課題解決につながるホリデー装飾企画を実施いたします。
  • 松坂屋上野店 飛沫防止シートとアクリル板を再利用したホリデー装飾

場所:1階北口ショーウィンドウ、1階化粧品フロア

コロナ禍の象徴であった廃棄予定の「飛沫防止シート」や「アクリル板」を、ウィンドウをはじめとする店頭の装飾にアップサイクルしました。 「一緒にいよう、共に楽しもう」というメッセージとともに持続可能で平和な社会への願いも込めています。

使用済み飛沫防止シート

使用済みアクリル板

装飾物にアップサイクル

  • 松坂屋静岡店 オクシズや三保松原の環境保全から生まれるリース

場所:北館1階 けやき通り入口

海と山に恵まれた静岡。オクシズといわれる静岡市の中山間地域や、世界文化遺産の構成資産にも登録された三保松原と富士山の景色を大切にしたいと考えています。三保で松葉かきの保全活動で不要となった松ぼっくりをオクシズの間伐材を使用した巨大リースのオーナメントに使用して、地域の取り組みを伝えています。

  • 大丸京都店 屋上に京都らしさたっぷりの北山杉のツリーがお目見え!

場所:8階 屋上「ことほっとてらす」

京都府の木である杉山杉の魅力を届けることで、地域振興と適切な森林資源の利用に貢献したい。二つの思いを持ったツリーは、地域の皆様のご協力のおかげで実現しました。ホリデーシーズンが終わったあと、 このツリーを違う形に生まれ変わらせることができたら、新たな価値が生み出せたら、そんなことにも思いを馳せています。

  • 大丸須磨店 温かい思いが詰まった、廃材生まれの「ZERO TREE」

場所:1階~4階 各上りエスカレーター前(2階のみ下りにも設置)

須磨店の目指す地域共生のビジョンのもと、本年のホリデーシーズンは、地域の皆さまが楽しみながら来館され、家族の思い出にもなる企画を実施しました。 今回は初めて区内幼稚園と連携し、廃材となる段ボールをツリーのオーナメントにアップサイクル。子ども達がカラフルな糸を巻きつけ、市販品では味わえない心温まるオーナメントを作りました。飾りつけも子ども達が楽しんで行い、2023年、年の瀬ならではのあたたかい思いが詰まったツリーが完成しました。

子ども達による オーナメント作りと飾り付け

  • 大丸下関店 使えなくなった山口県産の建築用材木をツリー&リースに!

場所:正面玄関、2階エスカレーター前、3階エスカレーター前

山口県の面積の約7割を占める森林。その4割以上が木材生産のために造林された人口林です。 人口林の多くは高度成長期に一斉に植樹され、半世紀が過ぎた今、たくさんの木が伐採適齢期を迎えています。 人口材のサイクル(伐る→使う→植える→育てる)が保たれる事で、林業が活性化され山の管理も行き届くようになり健全な森林を維持できます。 そんな製材された後の建築用の材木から、使えなくなった部分をさらに製材し、ツリー&リースにしました。

ツリーにアップサイクル

使えなくなった製材

  • 大丸福岡天神店 Circulation(循環)~circulation to the future(輝く未来への循環)

場所:エルガーラ・パサージュ広場

博多大丸は、廃棄・海洋プラスチックのアップサイクルに取組むことで、資源の循環とより多くのコミュニケーションを生み出す活動を行っています。本年は「循環」のアイコンとして、廃プラや海洋プラごみを使用した“フラワーポット”を製作し、フォトスポットの装飾に使用しました。イベントや、手にした人々の周りで新たなコミュニケーションが生まれ、廃棄されるはずものが価値のあるものに生まれ変わること、また資源を有効に活用することを体感できる活動を目指しています。

完成したフラワーポット

海洋プラスチックごみ