2024年04月12日

パスワード

(エイチ・ツー・オーリテイリング )「地域とともに実現する食品廃棄ゼロエリアプロジェクト」スタート!

環境省採択のモデル事業 産官学で協働取り組み

エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社(H2O、本社・大阪市北区、荒木直也社長)は、兵庫県川西市において、7月より「地域とともに実現する食品廃棄ゼロエリアプロジェクト」を始動します。兵庫県川西市、大手前大学、大阪公立大学、合同会社ディスコント、特定非営利活動法人DeepPeopleなどの産官学にわたるパートナーとともに、当社グループの小売店舗(川西阪急、イズミヤ多田店等)を中心拠点として、食品廃棄物の削減に取り組みます。本プロジェクトは、5月31日に、環境省による公募「令和4年度 地方公共団体及び事業者による食品廃棄ゼロエリア創出の推進モデル事業等」における食品廃棄ゼロエリア創出モデル事業に採択されております。
本プロジェクトは、当社グループの店舗から排出される食品廃棄物の削減のみでなく、地域の住民や子どもたちを巻き込むことにより地域全体の食品廃棄物削減への機運を高めることを目指しており、環境省からも、事業の新規性・先進性について特に高い評価を得ております。食と地域の環境が交わる食品廃棄物の問題は、地域社会のあらゆる人が関わることのできる領域であり、当社グループは、本プロジェクトのパートナーとともに、地域の事業者や生活者が、みんなで考え、みんなで楽しみながら、食品廃棄物の削減に取り組めるような基盤づくりを行ってまいります。

【プロジェクトの概要】
イズミヤ多田店から排出される食品廃棄物の排出ゼロに向けて、アップサイクル商品の開発や、食品廃棄物を利用した堆肥からできた農産物の販売を通じて、食品廃棄ゼロループの構築を図ります。また、食品廃棄物の問題に関心を持ち、本プロジェクトへの共感者を一人でも多く生み出すことを目指して、地域の取り組みの情報発信や、川西阪急でのイベントの実施、地域の子どもたちが参加する「食品ロス0アイデアコンテスト」の実施を計画しております。
本プロジェクト実施にあたっては、産官学の様々なパートナーがそれぞれの知見を持ち寄り、食品廃棄物の削減に取り組みます。

H2Oリテイリンググループ(プロジェクト実施主体者) プロジェクト全体の運営。店舗を活用したイベント実施や食品廃棄物削減取り組み。
兵庫県川西市 実施エリアの自治体としての、地域の実情についての情報提供、地域ネットワークの構築支援
大手前大学現代社会学部坂倉孝雄研究室 プロジェクトマネジメント支援。学生と協働での地域住民へのアンケートやヒアリングなどの実施・分析
大阪公立大学現代システム科学研究科千葉知世研究室 食品ロスを含む資源循環に関する調査の実施。また、産官学連携で環境課題に取り組む団体主催者としての知見に基づく助言。
合同会社ディスコント(合同代表:向井務氏 食品廃棄ゼロループ事業化に向けた実証実験実施。同社のネットワークを通じた、関係自治体や事業者との関係性構築支援
特定非営利活動法人DeepPeople(理事長:牧文彦氏) 生活者目線での情報発信や子どもたちへの環境教育の知見に基づく、情報発信コンテンツの作成、「食品ロス0アイデアコンテスト」の実施。

 

【環境省の地方公共団体及び事業者等による食品廃棄ゼロエリア創出の推進モデル事業等について】
地方公共団体や事業者等が実施する食品ロス削減及び食品リサイクル等に関する先進的取組について、環境省が技術的・財政的な支援を行うとともに、その効果を取りまとめ、他の地域への普及展開を図るものです。
当社グループは、食品廃棄ゼロエリア創出モデル事業に応募し、事業の有効性、事業としての継続性、発展性・波及性、事業の新規性、先進性、事業の具体性・実現可能性の観点から、有識者による審査委員会の審査を経て、採択されました。

<ご参考>
◆エイチ・ツー・オーリテイリンググループのサステナビリティ経営
当社グループは、「地域住民への生活モデルの提供を通して、地域社会になくてはならない存在であり続けること」を企業の基本理念としており、地域のみなさまとのつながりは、グループにとって大切な財産です。私たちはこれまで地域社会から多くの恩恵を受けることで成長してきました。当社グループは、サステナビリティ経営の推進にあたって、3つの重点テーマ(地域の「絆」を深める、地域の「子どもたち」を育む、豊かな「地域の自然」を守り、引き継ぐ)と2つの基本テーマ(お客様・ステークホルダーからの「信頼」に応える、従業員の「働きがい」を高める)をグループの重要課題(マテリアリティ)と位置づけております。
本プロジェクトを実施する川西・猪名川・能勢・豊能エリアは、当社グループが、グループやテーマを横断して取り組む重点エリアと定めており、2021年には『のせでんアートライン2021』における社会実験プロジェクト(「Tsugu」プロジェクト)へ参画いたしました。
https://www.h2o-retailing.co.jp/ja/news/auto_20210915498726/main/0/link/20210915tsuguproject.pdf

◆2022年5月31日環境省 報道発表資料
令和4年度 地方公共団体及び事業者等による食品廃棄ゼロエリア創出の推進モデル事業等の採択結果について
https://www.env.go.jp/press/111129.html

◆2022年6月30日大手前大学 新着トピックス
【現代社会学部】食品廃棄ゼロに向けて産官学連携PJ始動!
https://www.otemae.ac.jp/news/

この件に関するお問い合わせ先
エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社 広報部 TEL:06-6367-3181

詳細PDFはこちら