2022年07月04日

パスワード

購読会員記事

高島屋、NEOBANKと新たな金融サービス実現へ

高島屋と住信SBIネット銀行は、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK」を活用した新たな金融サービスの実現に向けた協議を行うことに合意した。アプリ上でタカシマヤ友の会の申し込み・積立・利用、高島屋での買い物と連携した決済や、住信SBIネット銀行のバンキングサービスの提供を予定する。

高島屋は2020年に顧客の資産形成や資産承継のサポートを行うファイナンシャルカウンター事業、2021年にソーシャルレンディング事業をスタートするなど、金融事業を強化している。住信SBIネット銀行は、開業以来の取り組みで培った最先端のITと金融のノウハウを活用し、パートナー企業へ銀行機能を提供するBaaS(Banking as a Service)によって、新たな付加価値の創造を目指す「NEOBANK」サービスを推進してきた。国内15店舗やネットに販売チャネルを有し、優良な顧客基盤を持つ高島屋とデジタル金融サービスを組み合わせ、百貨店における買い物の利便性をさらに高める目的だ。