2021年11月27日

パスワード

阪神梅田本店、20日から食品売場の営業再開

阪神梅田本店は食品売場の営業を20日に再開する。7月末に新型コロナウイルスの感染者が発生し、7月31日と8月1日は全館休業。その後も食品売場は全従業員の検査結果が揃っていないことや強化対策を実施するため休業していた。

食品売場では、従業員、販売員に新型コロナウイルスの感染が発生。売場関係者全員が抗原検査およびPCR検査を受検し、8月9日までにその結果が確認された。8月16~19日は以前から改装工事にともなう検査のため全館休業を予定していたため、20日に営業を再開する。

保健所の指導に基づき、濃厚接触者については2週間の自宅待機など適切な対応を実施した。8月中旬には行政からのアドバイスに基づいて実施した対策も完了する。今後も食品売場関係者全員を含む約1500人が当面2週間ごとのPCR検査を継続、陰性判明者のみで運営できる体制を確保、食品売場に6カ所のCO2センサーを新設し二酸化炭素濃度を常時把握、不織布マスク着用の徹底といった対策をとる。