2021年12月09日

パスワード

購読会員記事

そごう・西武、アウトドアと“達人”の融合が大ヒット

そごう横浜店の「平屋」は、異例の半年間のポップアップショップ

注)事実確認の結果、一部の記述を削除および修正しています(2021年4月7日付)

<<連載>>ポップアップショップ、ヒットの法則 第1回 そごう・西武

ポップアップショップのヒットの法則を探せ――。昨年来のコロナ禍では、衣料品を中心にメーカーによるブランドの改廃が相次ぎ、百貨店業界は売場の“空き地化”に悩まされてきた。穴埋めは急務だが、どのメーカーも出店には慎重な姿勢を示しており、簡単ではない。そうした中で、テストマーケティングも兼ねてポップアップショップを積極的に展開する百貨店が増加。既存の取引先やカテゴリーの枠を超えた“チャレンジ”も活発化してきた。その最前線を追うとともに、ヒットの法則を浮かび上がらせる。第1回は、そごう・西武だ。アウトドアの達人として知られる、スタイリストの平健一氏をアンバサダーに迎えて立ち上げた、アウトドア用品を扱う期間限定のセレクトショップ「平屋(たいらや)」が、アウトドアファンの熱視線を浴びる。

開店と同時に、待ち詫びた多くの客が走り出す。エスカレーターを駆け上がり、5階で次々に降りていく。そして、あるショップに押し寄せる。仕掛け人である小俣桃子リーシング本部商品計画部MD担当マーチャンダイザーが「近年の百貨店では滅多に見られなくなった光景。鳥肌が立つほど、お客様が並んだ」と感嘆したのは、そごう横浜店に今年2月26日に開いた平屋の賑わいだ。

この記事の全文を読むためには、購読手続きが必要になります。
すでに購読済のユーザーは以下からログインし、引き続きお楽しみ下さい。