2024年07月15日

パスワード

サンクゼール、コンパクトタイプの久世福商店を開業

店舗のパース図

久世福商店、サンクゼール、メケルなどの専門店を展開する食品SPAのサンクゼールは、7月19日、町田マルイにコンパクトタイプの1号店となる「久世福商店 町田マルイ店」をオープンする。コンパクトタイプの出店を実現したことにより、久世福商店の出店余地は広がることになる。

今回のコンパクトタイプは、「創意工夫を重ね、絶えず新たな挑戦を行っていること」を大切にする価値観の1つに掲げる、同社のチャレンジによって実現したもの。これまで久世福商店は郊外の大型ショッピングモールを中心に展開していたのが、コンパクトタイプは駅ナカを含む駅周辺エリアへの出店などが可能となる。今まで久世福商店を利用していない20~30代の若い年代層の生活圏内へのアプローチが実現、ひいては和食文化の継承にもつながると考えた。

久世福商店 町田マルイ店では「久世福の、もったいない。」シリーズ商品や、一人前用商品などの限定商品も販売している。「久世福の、もったいない。」シリーズは、商品の切れ端や形がいびつで正規品として取り扱えないものを商品化した。「見た目はイマイチでも味は美味しく、もっと活用していきたい」、そんな生産者やバイヤーの声をかたちにしている。

「雫だし」も町田マルイ店の限定商品。これはこだわりの素材を絶妙にブレンドし、生活シーンに合わせて飲むことができる。全国各地に点在するだし素材の組み合わせを幾度も試作して完成させたという。雫出しのラインナップは「本枯れ節と利尻昆布」(230円)、「鮪節と利尻昆布」(230円)、「2種の節と真昆布」(190円)、「鶏節と生姜」(190円)、「ホタテと鯛」(190円)、「しじみ」(190円)の6種類。