2022年08月11日

パスワード

購読会員記事

天満屋、岡山本店を3年ぶりに改装 美術画廊やラウンジ刷新

約30年ぶりに美術画廊を12月21日に全面改装オープンする(写真はイメージ図)

天満屋岡山本店は11月末から来年3月上旬にかけ、本館と別館を改装する。第1弾として本館1階、3階、5階など既存7売場のリニューアルを行う。地域住民のライフスタイルの変化に対応した商品提案・サービスを行うことで百貨店の魅力を高め、表町地区のさらなる活性化を狙う。

本館5階の美術画廊は1月2日、約30年ぶりに全面リニューアルオープンする。「アートとの邂逅」をコンセプトに、アートのある上質な生活を提案する空間となるよう、クラシカルモダンな内装や最新の照明設備を備える。新たな取り組みとして、VRを使用した接客も取り入れる。

来春には同5階に「ロフト」を導入。来年2月末に閉店する岡山ロッソから移転する。話題の商品や百貨店では取り扱いのない生活雑貨を展開し、幅広い客が訪れるライフスタイル提案型の売場を目指す。リビング売場に隣接する位置に構え、買い物の利便性の向上や、買い回りの促進を狙う。

本館3階には5階からギフトサロン・商品券売場とラウンジが移転し、12月21日にオープンする。ギフトサロン・商品券売場は商品展示スペースを1.2倍に拡大し、新サービス「WEB 事前ご来店予約サービス」を導入。より来店しやすい環境でギフトを提案する。

限られた顧客のみ利用可能な「T-Lounge(ティーラウンジ)」はスペースを1.2倍に拡大し、個室を用意。新たに香りの演出も取り入れ、ゆったりとくつろげる空間とした。ドリンクはこれまでのレギュラーメニューに加え、季節ごとに天満屋おすすめメニューを新たに提供。VIPルームでは外商員を通じて、遠隔地のショップとオンラインでの商談ができる。

本館1階では、「シャネル フレグランスアンドビューティ」と「ケイト・スペード ニューヨーク」を12月15日に改装オープン。シャネル フレグランスアンドビューティは中四国初となる新店舗デザインで、人気のフレグランスやリップのブースを目に留まりやすい場所に配置。売場全体もオープンで入りやすくなるようにした。

表町別館では11月30日から、「ベッドギャラリー」で「シモンズ」、「テンピュール」、「パラマウント」のポップアップを展開する。高級ホテルや豪華客船にも採用されているマットレスや電動ベッドを体感できる。

第2弾の改装内容は1月中旬頃に発表を予定する。