2021年10月21日

パスワード

高島屋新宿店、再生衣料品の販売と不要な衣料品の回収を開始

高島屋新宿店は7階の「デニムスタイルラボ」に「デパート デ ループ」の商品を販売するほか、不要な衣料品の回収箱を設置した

高島屋新宿店は6日、再生素材を使った衣料品の販売や不要な衣料品の回収を始めた。高島屋は「サステナブルな循環型社会の実現を目指すプロジェクト」の一環として、日本環境設計が運営するブランド「ブリング」と組み、6月に「Depart de Loop(デパート デ ループ)」を発足。再生素材を使った衣料品の販売は2季目で、不要な衣料品は専用の箱で12日まで回収する。

“再生衣料”の今秋冬企画は、デザイナーの相澤陽介氏が手掛ける「ホワイト マウンテニアリング)」とコラボレーションしたブルゾンやベストをはじめ、レディスからメンズ、キッズまで約15ブランド、約40点を揃えた。今春夏企画は高島屋のオリジナルブランドで構成したが、今秋冬企画は三陽商会やファイブフォックスと協業。選択肢を広げた。新宿店を含めた14店舗とインターネット通販サイトで販売する。

再生衣料を販売するだけでなく、6~12日には14店舗で不要な衣料品を回収。ブランドや素材、高島屋で購入したかどうかなどは問わず、回収した衣料品は再生ポリエステル樹脂の原料などに役立てる。今春夏は新宿店だけで、2週間で約500キログラムを回収したという。

新宿店は6日の開店前に報道陣を集め、7階の自主編集売場「デニムスタイルラボ」でデパート デ ループの商品や回収箱を披露。デパート デ ループを手掛ける橋祐介MD本部バイヤーは「高島屋がESG経営を採る中、衣料品のリサイクルは大きな課題。衣料品の廃棄は全世界で9200万トンにのぼるとされるが、百貨店も長く大量に仕入れ、販売して、多くの廃棄物を出してきた。その問題に取り組む」と目的を説明するとともに、「販売から回収、リサイクル、再商品化、販売までのスキームを実現し、サステナブルなビジネスモデルを確立したい」と意気込んだ。