2021年10月21日

パスワード

購読会員記事

東武船橋店、個室型のベビーケアルームを設置

個室型で周囲の目を気にせず利用できる「mamaro(ママロ)」

東武百貨店船橋店は6日、7階のレストラン街に個室型のベビーケアルーム「mamaro(ママロ)」を設置した。周囲の目を気にせず、おむつの交換や授乳などが行える。個室のため、男性も利用が可能だ。室内は抗菌仕様で、コンセントや内鍵も設置。利便性は高い。

室内のレイアウトは用途に合わせて変えられる

ママロはTrim(トリム)社が手掛ける。高さは201.6cm、幅は180cm、奥行きは90cmと1畳分ほどのコンパクトなサイズ、可動式で工事が不要といった利点も支持され、大型商業施設や駅構内など全国で250台以上が稼働中だ。東武船橋店は5階に集合型のベビー休憩室を構えるが、「小さな子供を連れたお客様に、より快適な買い物環境を提供するため、子育て世代の従業員の声を受けて導入を決めた」としている。