2021年10月21日

パスワード

購読会員記事

西武鉄道と西武プロパティーズ、「エミオひばりヶ丘」をスケールアップオープン

新しくなるエミオひばりヶ丘(イメージ)

西武鉄道と西武プロパティーズは7月27日、駅ナカ商業施設「エミオひばりヶ丘」をスケールアップオープンした。エミオひばりヶ丘があるひばりヶ丘駅は1日平均の乗降客数が約7万4000人(2019年度)にある急行停車駅。同駅でリニューアルが進められ、20年12月の改修工事で旅客トイレ、南口エスカレーターなどの改修が完了。駅を起点に一体的に進められてきたエミオひばりヶ丘のリニューアル工事は、線路上空へ人工地盤を築くことで既存の施設面積から約7割増床して店舗入れ替えと環境整備などが進められ、約3年半の休業期間を経てスケールアップオープンとなった。

新生エミオひばりヶ丘は家の中で一番ほっとできる場所「リビング」をコンセプトに、木の素材感と心地よさを感じる開放的な空間の中に、抗菌・耐アルコールビニールレザーを使用したベンチ・椅子の設置やトイレなどへの抗菌コートを塗布したほか、施設の中心に新設した待合スペースに待ち時間を活用できるフリースペース(個室3室)を設けるなど、コロナ禍で変化した新しい生活様式に合わせた施設環境を実現したことが特徴。

エミオひばりヶ丘の2階(イメージ)

オープンした店舗は「ボンセルン」(ベーカリー)、「はなまるダイニングプラウド」(総合総菜)、「中華総菜 唐苑 Deli」(中華総菜)、「成城石井」(スーパーマーケット)、「スターバックス」(スペシャリティ コーヒーストア)、「回転寿司 海鮮三崎港」(回転寿司・テイクアウト寿司)、「ヒビヤカダンスタイル」(フラワー)、「とんかつ新宿さぼてん」(とんかつ)、「日本一」(焼鳥・総菜・うなぎ蒲焼)、「横浜くりこ庵」(たいやき)、「フロ プレステージュ」(ケーキ・タルト‣焼菓子)、「トモニー」(コンビニエンスストア)、「セブンーエレブン」(同)の13店舗。