2024年04月12日

パスワード

購読会員記事

そごう・西武、会食やリモート花見にオードブル配送 RF1と協業

オードブルからメインディッシュまでコース料理のように一式を揃える

そごう・西武は、リモートでの花見や歓送迎会に向けて1~2人前のコース料理を配送する「リモートオードブル」サービスを始めた。4月下旬までの期間限定で、惣菜ブランド「RF1」などを展開するロック・フィールドと協業して行う。昨年12月に法人顧客からリモート忘年会用のオードブルを注文されたことをきっかけに企画し、法人の大口注文を想定して始めたが、個人の贈答用の利用もみられている。

一般客向けには西武所沢S.C.、西武東戸塚S.C.を除くそごう・西武の各店舗の食品ギフトサロンと、インターネット通販サイト「e.デパート」で受け付け、法人顧客などには外商部でも対応する。店舗は2月25日、e.デパートは3月10日に受付を開始。受付は4月中旬まで、配送は4月下旬までを予定する。注文から配送までの日数は大口の注文で約14日としている。

5000円コース

メニューは、5000円コースと7000円コースの2種類を用意(どちらも送料、税込み)。RF1の人気惣菜と新たに開発した惣菜を組み合わせた、オリジナルのセットとなる。5000円の「コース仕立てで愉しむ合鴨ローストのセット」は、「プチトマトのポタージュ」、「ベーコン&ほうれん草のフロマージュキッシュ」、「合鴨のロースト いちじく&バルサミコソース」、「蟹とウニのクリーミーグラタン」の計4品を揃える。

7000円コース

7000円の「ワインがすすむ黒毛和牛の赤ワイン煮込みと4種デリ」は、「パテ・アン・クルート」、「ソシス・オー・シュ(キャベツのソーセージ)」、「7種野菜の甘み ラタトゥイユ」、「ベーコン&ほうれん草のフロマージュキッシュ」、「黒毛和牛の赤ワイン煮込み ポテトと3種きのこのソテー添え」の計5品。春の花見や歓送迎会、謝恩会を想定し、コース料理のような構成で、1~2時間の会食で食べられる程度のボリュームにした。全て冷凍で届けられ、冷蔵庫での解凍、湯煎、電子レンジの加熱などで簡単に調理できる。

こうしたリモート飲み会・会食向けの食品配送サービスは他社にもあるが、「百貨店を中心に広く展開する『RF1』というブランドのため、知名度や信頼度が高い」とリーシング本部リーシング二部フード担当の長岡俊範氏は独自の強みを語る。また工夫した点として、5000円コースはワインと相性が良いと言われる合鴨を用いたり、7000円では黒毛和牛の赤ワイン煮込みを採用したりなど、「ワインに合うようなメニュー」を意識して開発した。長岡氏は「ワインをはじめとした幅広いお酒と合わせられるメニューになっている」と説明する。

この記事の全文を読むためには、購読手続きが必要になります。
すでに購読済のユーザーは以下からログインし、引き続きお楽しみ下さい。