2020年09月25日

パスワード

購読会員記事

日本橋KADEN ビックカメラ開業 三越のおもてなしと融合

2020/02/17 3:48 pm

日本橋三越本店の新館6階に「ビックカメラ」が2月7日にオープンした。三越の「おもてなし」と、専門店の品揃えを融合させた家電の新しいスタイルのショップで、通称「日本橋KADEN」。最新モデルや最上位クラスの家電を揃え、ソファとテーブルを配した「ラウンジ」を中心にゆったりとした環境で、家電コンシェルジュが三越本店のスタイリスト(販売員)と連携しながら、一人ひとりの顧客ニーズに応じた家電製品を提案する。加えて、商品搬入の立会いからアフターケアまで買物をサポートしていくことで、「日本橋KADEN」ならではのリアル店舗の新しい価値提供に挑戦している。

 

 

初のラウンジ設置 常に最新・最旬発信

 

2月4日に開かれた報道向けの内覧会で、ビックカメラの宮嶋宏幸社長は、「新しいお客様を、新しいスタイルでお迎えする。今まで価格やポイント訴求を主としてきたが、(中略)ゆっくり時間をかけながら案内できるスタイルを提供する」と意気込みを語った。

 

三越伊勢丹の杉江俊彦社長は、「お客様の(ニーズの)多様化、デジタル化の中で、店舗に来店する魅力をもう1度作り直さないといけない。家電はお客様の関心が高いところにある。今までの家電では括られず、お客様の生活から切り離せなくなっており、百貨店が扱わなければ、未来に対応できなくなる」と、導入した理由を述べた。

 

ビックカメラ日本橋三越の売場面積は約1200平米。ビックカメラの標準店に比べると小型の部類に入る。それだけに特徴化が問われる。三越伊勢丹にとっては、店舗運営の効率化の一環として賃貸借契約による誘致だが、一般的なテナント導入とは一線を画す。日本橋三越本店が第Ⅱ期リモデルで強化している「おもてなし」を融合させた点がポイントだ。

 

ビックカメラは「お客様一人ひとりに寄り添う家電の新スタイルショップ」を店づくりのスローガンに掲げた。「家電コンシェルジュ」(約40名)を配し、三越のスタイリスト(販売員)と連携して、家電製品の最適な提案だけでなく、商品搬入の立会い、アフターケアまで行うようにした。ビックカメラの販売員の服装は赤ベストではなく、スーツを着用する。家電コンシェルジュは、三越の教育研修も受けている。三越の外商部スタッフ、館内のストアアテンダントやコンシェルジュなど約300名と連携して、富裕層のニーズに応えていく体制を整備した。

 

 

売場は3つのゾーンで構成。「クオリティタイムゾーン」、「ウエルカムゾーン」、「ビックカメラゾーン」。

日本橋KADEN クオリティタイムゾーン

△ソファを配したラウンジを中心にした「クオリティタイムゾーン」

クオリティタイムゾーンは、ビックカメラで初めて配置するラウンジスペースで、ソファとテーブルを設置。くつろぎながら家電コンシェルジュの接客を受けられる。傍には最新の大画面テレビや高級オーディオなどを配し、自宅のリビングに近い環境に配慮した。キッチンスペースも併設しており、最新のキッチン家電の展示だけでなく、カウンターで試食や試飲ができるようにした。このカウンターでは、自宅への配送手続きや搬入立会い、アフターサービスをはじめ、ECで購入した商品の取り置きサービス、デジタル家電の使い方など、同店ならではのサービスを提供する。

 

 

ウエルカムゾーンは、店舗の入口に配し、話題の最新家電や季節に応じた家電を提案する場で、2~3週間で入れ替える。

 

日本橋KADEN DEVIALET

△これまでビックカメラでは扱っていないハイエンドな家電もそろえた

(写真はワイヤレススピーカー「DEVIALET」)

ビックカメラゾーンは、日本橋三越本店が対象とする顧客層や近隣のオフィスワーカーのニーズを加味して、最新の家電を中心に構成。今回、通常のビックカメラでは扱っていないハイエンド家電や百貨店限定モデルも揃えた。伊勢丹新宿店で扱っているフランス生まれのワイヤレススピーカー「デビアレ」、パナソニックビューティーの最上位モデル、海外製の冷蔵庫など。デビアレが試聴できるキャビンも用意している。また、家電カテゴリーでは、健康・ビューティー家電と調理・生活家電の品揃えを最も充実させた。スマートフォン売場では取引先の派遣販売員ではなく、ビックカメラの社員が横断で販売する体制にした。

 

全ての商品には電子棚札を採用し、オムニチャネル化にも取り組んでいる。常に最新の商品価格を表示し、さらにスマートフォンを電子棚札に触れるだけで購入者のレビューや商品情報、在庫などが見ることができる「アプリでタッチ」機能を搭載した。またビックカメラゾーンでも、随所にテーブルや椅子を配置して、時間をかけて接客するスペースを確保した。さらにタブレット端末を随所に配し、商品の特徴や選び方などを担当者が説明する動画が見られるようにした。

 

店内環境では、日本橋三越本店の本館1階の環境を意識して、天井や床、什器は白を基調に、清潔感のある売場を表現した。館内のBGMも通常の店舗とは異なり、日本橋三越本店の雰囲気に呼応させるような音楽を選んでいる。

 

百貨店内でリアル店舗の最大の魅力である接客を全面に打ち出した新しいスタイルの家電専門店の動向が注目される。