2024年05月23日

パスワード

百貨店では珍しい「タコス」のイベント!「第3回 オラ!タコスパーティ」

素材に具材にこだわったバラエティー豊かなタコスのほか、太古から現代までのメキシコを知ることができるイベントが盛りだくさん!

■阪神梅田本店 1階 食祭テラス「第3回 オラ!タコスパーティ」
■4/17(水)→22(月)
■公式URL:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/str/
■食祭テラス公式インスタグラム:https://www.instagram.com/hanshin_1ffoodevent/?hl=ja

一味違う食イベントを、毎週のように開催する阪神梅田本店1階「食祭テラス」。

今年も、百貨店では珍しいタコスの催しが帰ってきます!

3回目となる今回は、大阪や京都、東京などから7ブランドのタコスが登場。

スーパープレゼンターの蔵野佳好子さん&フローレス・ホセさんが素材と味に太鼓判の“推しタコス”をはじめ、ドリンクや雑貨、本場さながらのイベントや、さらには注目を集めるマヤ文明にあわせたスタンプラリーも開催いたします。

  • 今回もプレゼンターはこの2人!

左)蔵野佳好子 <PROFILE>

イベント制作会社「エバーラスティング」社長。2000年にメキシコ独立記念日のイベントFiesta Mexicana in Odaiba Tokyoの立ち上げを手伝ったことで、メキシコと深く関わることに。また、メキシコ農業省日本オフィス立ち上げの際、メキシコ料理ワークショップのイベント運営を担当し、その様ざまな伝統料理やお酒の魅力を知る。2010年以降、メキシコの食や音楽、ダンスを紹介するイベントを年1回主催し続けている。

右)フローレス・ホセ <PROFILE>

年にグラフィックデザイナーとして来日。1995年以降「エバーラスティング」で数々のラテンイベントのプロデュースを手掛ける。2010~2013年に横浜・赤レンガ倉庫で開催された“アレグリア・デ・メヒコ”では様ざまなメキシコのアーティストを紹介し、2017年の代々木公園でのラテンスピリッツでは、Rio RomaやModerattoを招聘。日本ではまだあまり知られていないアーティストをコーディネートし、日本にメキシコの “いま”を伝える活動に尽力。

  • みんなが夢中に! メキシカンフード&雑貨

プレゼンターの2人が実際に店を訪れ、五感フル回 転でその味を確かめたタコスの名店が登場!

原材料 のとうもろこしからこだわったトルティーヤを用意するお店や、オリジナルに考案したモダンタコスなど、 バラエティ豊かなラインアップ。また原産であるカカオやアガベを使ったスイーツや雑貨などもご用意しました。

〇東京「KITADE TACOS」

チキンティンガ・ポークカルニータス・ビーフスアデロ3ピースセット(1セット)1650円

東京・日本橋の自社工場で北海道産トウモロコシ100%のトルティーヤを作るこだわりのお店。もちろん お肉やサルサなどもすべてが手作りです。今回はお店の定番3種“チキンティンガ”“ポークカルニータス” “ビーフスアデロ”がのったセットをご紹介。

〇東京「FUKUMEN~覆面~」

Birria con KIMPIRA(1個)660円

地元浅草からオーセンティックなMexicanを和のテイストと融合させたModern Tacosと日本未発売のBeer Pacíficoを携え登場!今回は、ワヒージョとアンチョ2種のチレ(唐辛子)と、数種のスパイスで煮込んだホロホロ牛肉ときんぴらごぼうのタコスをお楽しみください。

〇東京「TAQUITO JAPAN」

マヤ文明から受け継がれているレシピのコチニタ・ピビールのタコス3個入りセット(1セット)1650円

地元産食材と上質なメキシコ産輸入食品を使い、メキシコ人シェフが伝統のレシピをもとに腕を揮う料理が自慢の専門店。メキシコ料理の世界的なガイドブック『Cocineros MX por el mundo』が主催のコンテストで2023・2024年と連続で受賞!コチニータ・ピビルのタコスは、ユカタン州の州都・メリダでも評判のひと品です。

〇大阪「タコスと肴と酒 タコフィニ」

タコス・デ・カマロン(1セット)1320円

10種類ものタコスが楽しめるタコス屋さん。本場メキシコから輸入した希少な製造機でオーダーが通ってから作るトルティーヤに、自家製サルサで作るオリジナルタコスに注目!

〇大阪「MEAT EXPRESS」

牛肉のビリアタコス2個・ビリアコンソメ(1セット)1650円

“日本の方々にメキシコ料理の豊かなフレーバーを知って欲しい”という願いから、高品質なチリ・スパイスを現地から取り寄せ、日本で本場メキシコの味を再現している「MEAT EXPRESS」。すべてのメニューで新鮮な食材を使用した現地の味をお楽しみください。Let’s Meat!

〇兵庫「DonTilla(ドンティーヤ)」

ベジタリアンタコス&ケサディーヤセット(1セット)1430円

100%メキシコのエアルームコーンを使用し、伝統製法で粉を使わずにニクスタマルから生地にするトルティーヤがポイント!本場のメキシコ料理を楽しんでもらえるよう、里山&メキシコの食材を使い調理しています。今回は特製ベジタリアンメニューをご紹介。ひと口食べるととうもろこしの風味が広がり、どんな具材にもマッチするおいしさをぜひ!

〇京都 「ロティーチキン&ジャッキータコス」

ビーフビリアタコス2ピース入り(1セット)1100円

京都の四条駅・烏丸駅から徒歩数分。メキシコやタコスが大好きなスタッフが揃う、隠れ家的な本格メキシコ料理店として人気です。飲んで、食べて、歌って、踊て、ワイワイ盛り上がること間違いなし!?のお店です。

〇東京 「MANGOSTEEN マンゴスチン」

メスカル ベルデ(1本)6820円 メスカルソーダ(1杯)880円

ハンドクラフトなお酒をセレクトしている輸入販売会社から。今回、メキシコ酒場として飲み比べセットやカクテルをご用意。現地でもめずらしいお酒もご紹介!

〇「SABOR A MEXICO」

カカオの原産国としても知られるメキシコからカカオティーやチョコレートをご紹介。

「EL DUENDE(エル・ ドゥエンデ)」のチョコレートは、メキシコ・中南米の “チョコラテ”をヒントに、カカオ豆をローストし一粒一 粒皮をむき、日本ですべて手作り。素朴でスパイシーな味わいで、そのまま食べるのはもちろんミルクなどに溶かして飲むのもオススメ!またBIZEN中南米美術館からは、アガベシロップ“百年の蜜”や“王のカカウ”をご用意。“王のカカウ”は丸ごと焙煎したメキシコ産のカカオ豆と干しブドウを共に味わえるひと品です。

カカオティーギフト缶(1本)1566円
エル・ドゥエンデチョコレート(1枚)540円
王のカカウ(1袋)1620円 など

〇東京「VIVERO TOKYO」

シルバー925天然石リング(1個)7150円から
シルバー925ペンダントトップ(1個)3630円から

東京・池ノ上にあるメキシコ雑貨店。メキシコのシルバー925のアクセサリーを中心に、様ざまな雑貨を取り扱っています。メキシコらしいデザインが魅力的なペンダントトップやピアス、天然石の指輪など、現地の素材と感性から生まれたアクセサリーの数々。バイヤー自ら現地に足を運び、その目で選んだこだわりのアイテムにご注目ください。

〇メキシコシティ「FAMOSISIMA」

古代メキシコのモチーフや土偶、アートをテーマにしたグッズを制作するアーティストが集結したメキシコの会社から。“これなに!?”と驚くようなデザインのも のもありますが、すべて古代の人が考えたものがモチーフ。自分なりにどういう意味なのかを想像してみ るのも楽しい品々が揃います。

ジャガーメタルピン(1個)1760円

コリマ犬キーホルダー(1個)2035円 など

  • ライブからルチャ・リブレまで!イベント&トークショー

メキシコ大使館で腕を揮うシェフの料理セミナーから、人気ルチャドール同士によるトークショー、さらにはライブイベントまで!ほかにはない本場の醍醐味が味わえるイベントが目白押し。食べて、飲んで、見て、学んで、一緒にメキシコにどっぷりハマりましょう!

〇ディエゴ・ロペス・ファリアスさん 大使館シェフの料理セミナー

◎4月20日(土)午後1時30分~(約40分)

大使館のシェフが、ユカタン料理であるTinkin Xicと Cochinita pibilをみなさんの目の前で作ります。

Tinkin Xicはマヤ語で“干物”を意味し、アショテというスパイスを使ったお魚の料理です。コチニータ・ピビルは豚肉のお料理。どちらも日本ではなかなかお目にかかれないおいしさなので必見!です。

ディエゴ・ロペス・ファリアス<PROFILE>

在日メキシコ大使館シェフ・メキシコ料理PR担当。メキシコ伝統料理と郷土料理で確かな経験を積み重ね、伝統と創造を掛けあわせる才能で群を抜くと評価されるシェフ。またメキシコ料理古来の食材をコンテンポラリー料理に取り入れる能力にも長けている。伝統料理を継承する専門家の1人であり、在日メキシコ大使館シェフ、メキシコ料理指南役としての業務を通じ、メキシコの食文化がもたらす多様性のある味わいと伝統の普及・保存に注力する。

〇Dr.ガルドゥーニョさんマヤのお話

◎4月20日(土) 午後0時30分~(約30分)

テーマは“ユカタン半島の豊かな食と文化”についてです。マヤ文化は、5世紀にわたってさまざまな変化を遂げました。地域の豊かな自然から得られる食材、キジや鹿、ヘラジカ、野生の豚などの動物の肉や、トウモロコシ、カボチャ、唐辛子などの野菜から作られた料理の伝統を彼らは発展させてきました。 これらの食材を使いタマールなどの料理を作り、それは時間を経て高級料理となり、そこからコチニータ・ピビル、パヌチョス、パパズールなどの料理が生まれ、現在世界の国々でこの地域を代表する料理として紹介されています。これらの伝統と歴史から、ユカタン半島におけるヒスパニック以前の食生活やユカテカの美食についてお 話しします。

Dr.アルフォンソ・ガルドゥーニョ<PROFILE>

UNAMの美学研究所でポスドクの学位を取得し、スペインのマドリッド自治大学で実験考古学の研究を行い、UNAMの哲学と文学部でメソアメリカ美術の博士号を取得。UNAMで歴史学の学士号と修士号を取得。 専門は軍事美術とメソアメリカ戦争、テオティワカン絵画。マヤ文化や歴史にも通じている。

〇アンヘル&エルマノス・ミシナ マリアッチ

◎4月20日(土)午後3時30分~、6時~ / 4月21日(日)午後1時~、4時~(各回約45分)

メキシコの代表的なマリアッチ音楽をお楽しみいただきます。様ざまなイベントでその歌声を響かせるアンヘル・モラと、京都のラテンコーラスグループ、エルマノ ス・ミシナのコラボでお届けします。

アンヘル・モラ<PROFILE>

マリアッチ・メヒコのボーカルとして数々のイベントなどに出演。2018年には日本テレビ『のどじまんTHE ワールド!』に出場し、決勝まで進出。甘いマスクとは対照的な力強い歌声は、メキシコ人ならではの迫力を感じさせる。

エルマノス・ミシナ<PROFILE>

三品國男を中心に京都市で結成。メキシコのボレロや中南米諸国の曲を中心に演奏活動を行う、日本では数少ない本格派ラテンコーラスグループ。京都市はグアダラハラ市と古くからの姉妹都市でその記念イベントや、メキシコ大統領が来日した際の歓迎レセプションなどでも演奏。日本だけでなくメキシコでも公演を行っている。

〇シルビア・ルバルカバ アステカダンス

◎4月19日(金)午後6時~、/4月20日(土)正午~、午後4時30分~(各日各回約20分)

民族舞踊グループ“Mexico en la Piel”を通して、メキシコの文化を長年にわたり日本で伝える活動をするシルビア・ルバルカバさんによる演舞。今回はアステカダンスを披露します。

シルビア・ルバルカバ <PROFILE>

その華やかな衣装と確かなダンスで見る人を魅了。様ざまなダンスの種類に通じており、各州のダンスからアステカのダンス、サッカーの応援ダンスまで、その場の雰囲気にあわせてコーディネートする技術に定評がある。

〇ウルティモ・ドラゴン& ルイス・マンテトークショー

◎4月21日(日)午前11時30分~(約45分)

本場のタコスの話から、メキシコが熱狂するルチャ・リブレ(プロレス)の話まで!この2ショットのトークショーはファン垂涎、かなりレアなイベントです。また昨年好評いただいたマスクやTシャツなどの販売もご用意!

ウルティモ・ドラゴン各種Tシャツ 6500円から
レプリカマスク 1万5600円から

ウルティモ・ドラゴン<PROFILE

1966年、愛知県名古屋市生まれ。幼少の頃からプロ レスラーに憧れ、新日本プロレスの見習いを経て、1987年単身でメキシコに渡る。渡墨2日後にパチューカでデビュー戦、またたく間にエストレージャの道を登りつめ、1991年にマスクマンのウルティモ・ドラゴンに変身。1997年、メキシコにプロレス学校「闘龍門」を設立し、多くの有名プロレスラーを輩出。日本とメキシコの文化交流の架け橋としてイベントにも数多く参加する 。現在は、神戸を本拠地とするプロレス団体「DRAGON GATE」の最高顧問。

ルイス・マンテ<PROFILE>

1992年、メキシコ・コアウイラ州モンクロバ生まれ。ルチャドールの父親を見て育ち、13歳でルチャ・リブレデビューし、のちにマスクマン“ディアマンテ”となる。 2019年から神戸のプロレス団体DRAGON GATEにレギュラー参戦。2023年7月、5人のレスラーがマスクを賭けたマスカラ・コントラ・マスカラ金網5WAYマッチで敗れ、マスクを脱ぎ素顔となる。2023年12月24日、メキシコ人で初めて同団体の最高峰オープン・ザ・ドリームゲートの第38代チャンピオンとなる。

〇(財)BIZEN中南米美術館 森下館長による“マヤ文字のお話”

(後援)SADER農業農村開発事務局(メキシコ)

◎4月20日(土)午後2時30分~、/ 4月21日(日)午後3時~ (各日各回約30分)

マヤ文字は、100近い王国が戦国の世を繰り広げていた紀元3~10世紀のマヤ文明古典期に完成し、各王朝で盛んに使われたものです。王族のエリートだった書記たちが絵文書や石碑、壁画などに、王家の歴史や暦、神々の世界を記しました。日本唯一の古代中南米美術専門館である“BIZEN中南米美術館”の館長をお招きしてマヤ文字について解説していただきます。

森下矢須之<PROFILE>

財団法人BIZEN中南米美術館理事長兼館長。慶應義塾大学経済学部卒業後メキシコに渡り、メキシコ国立自治大学外国人コースにおいて中南米の歴史や文化を修める。理事長兼館長を務める(財)BIZEN中南米美術館では、中南米の古代遺跡から発掘された美術品を展示するとともに、文化そのものを五感に訴えて伝える活動を展開し、注目を浴びている。