2024年04月15日

パスワード

Z世代が営む洋品店[Auba Jaconelli]が百貨店初登場!

レディスのパターンオーダースーツの受注会を開催!

■2023年8月16日(水)~21日(月) 各日 ①午前11時半から午後1時 ②午後1時半から午後3時 ③午後3時半から午後5時 ④午後5時半から午後7時 の4部制 ※最終日8月21日(月)の最終受付は午後3時半まで ※ご予約優先となります。■横浜高島屋 4階スーツクローゼット

横浜高島屋では、8月16日(水)から21日(月)まで、Z世代が営むオーダースーツ専門店[Auba Jaconelli(アウバ ジャコネッリ)]による、レディスのパターンオーダースーツの受注会を開催いたします。

新型コロナウィルス感染症の影響で普及した「出社×在宅」のハイブリッド型勤務は、5類移行後も継続する企業や職種も多く、柔軟な働き方が今後も定着していく見込みとなっています。

そのような状況の中、「スーツ」というアイテムが毎日着る日常着から、特別な会議やイベントで着用する非日常着的な立場に変化しているとともに、オフィススタイルのカジュアル化やオンオフ兼用の汎用性ニーズの高まりにより、自分らしさやこだわりを追求した1着を持ちたいというニーズが増加しています。また特に若い世代では、SDGsの意識が広がり、『自分だけに合ういいものを納得して購入し長く着続けたい』というスローファッションへの思いも、オーダースーツの人気を後押ししています。

今回横浜高島屋では、大学卒業後、レディスブランドの販売に携わり経験を積み、20代半ばで職人の街浅草橋に洋品店を構える、寶住 樹(ほうずみ いつき)氏のブランド[Auba Jaconelli(アウバ ジャコネッリ)]の百貨店初レディスのパターンオーダースーツ受注会を実施いたします。レディスのパターンオーダースーツは、メンズに比べ選べる場所の選択肢が少なく、既存の売場では正統派キャリアスタイルの型が中心となっていました。お好みの生地・パーツなどを組み合わせたオリジナルのスーツを、寳住氏と会話を楽しみながらお作りいただける貴重な機会となっております。出来上がった自分だけのスーツを手にするまでのコト体験をぜひお楽しみください。

  • パターンオーダースーツの受注会について

生地はHARRISONSやDORMEUIL、SCAVAL等の生地に加え、伸縮性のある生地等色彩豊かなラインナップからお選びいただけます。今回特別にご用意したパターンは、柔らかな肩回りのジャケットに、ワイドシルエットのトラウザーズ(パンツ)から構成され、選ぶ生地によってはフォーマルにもカジュアルにもご着用いただけます。便利な非対面サービスが増える中であえて対話を大切に、寳住氏がお悩みやお客様のこだわりに対し、熱量を持って自分好みの一着を仕立てるお手伝いをいたします。

【価格】

ジャケットのみ 6万6000円~

ジャケット+パンツ 7万7000円~

※今回はジャケットとパンツのみ、スカートはございません。

※お渡しまで約1か月半~2か月頂戴いたします。

※サンプルゲージは5~13号相当をご用意いたします。

※パターンオーダースーツのため、修正できる箇所に限りがございます。

  • 寳住 樹(ほうずみ いつき)プロフィール

東京都出身。大学卒業後、アパレル製品を扱う会社に就職し

主にレディスブランドの商品販売に携わる。

業界で経験を積む中で、スーツの仕立て職人などとつながりを持ち、オーダースーツの魅力にのめり込む。

その後、独立して2022年8月に英国のテーラーをインスピレーション源にオーダースーツと各種セレクトアイテムを取り扱う“Haberdasher(洋品店)”として[Auba Jaconelli]をオープン。

英国らしさを切り口として、オーダースーツを中心に、ドレス、カジュアル、スポーツの要素を自由に織り交ぜたファッション提案が特徴。

店名のAubaは「会う場」をローマ字にしたもので、人と人とが交流し新たなカルチャーを生み出していく場という思いが込められている。

※写真はイメージです。

写真提供者:Kousuke Shimasaki

お問い合わせ:横浜高島屋 045-311-5111(代表)