2024年07月23日

パスワード

購読会員記事

三越伊勢丹、「サロン・デュ・ショコラ」初の1カ月開催へ

三越伊勢丹では22回目の開催となる

三越伊勢丹は、パリ発のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2024」を伊勢丹新宿本店で開催する。会期は例年1月中旬~2月初旬だったが、今回は2月14日まで約1カ月に長期化。これまでの2部制から初の3部制となる。各部でテーマに沿った商品を展開するほか、海外シェフの招聘、実演販売、イートインなど、リアルの場ならではのライブ感も届ける。

今回のテーマは「Touch!心がふれあう。世界が変わる。」。リアルな出会い、SNSを通したコミュニケーション、心の感動といった様々なタッチポイントを用意する。つくり手や客同士がつながるサロンを目指し、新たな試みも盛り込んだ。

3部のうち、第1部は「TASTE OF CACAO –広がる、楽しむ、カカオの世界–」で、一般会期が1月18~22日。チョコレートに欠かせないカカオという素材にフォーカスし、南米やアフリカ、アジアといったカカオ原産国のブランドや、カカオ原産国以外のビーントゥバーブランドなど、計26国から約60ブランドを紹介する。また、イートインでは「MAZ」「ドン ブラボー×クレイジーピザ」「メメントモリ」といった飲食店も出店する。

第2部は「THE ARTISANS –ショコラティエ、パティシエの技–」(一般会期1月27~31日)。日本のサロン・デュ・ショコラ初登場となる3ブランドを含め、全27の直輸入ブランドをラインナップ。フランス国家最優秀職人章「M.O.F.」を取得したショコラティエ、パティシエを中心に、世界最高峰のシェフが集まる。販売商品のうち、約3割がサロン・デュ・ショコラに合わせた新作となる。

様々なブランドのチョコレートを詰め合わせたセレクションボックスは、同催事ならではの商品だ

各シェフの力作を詰め込んだ、セレクションボックスも同期間に販売する。今回のテーマに合わせた、「ルメルスィマン ~ショコラティエと繋がる~」(16個入り、9504円)、「ミステール ~気持ちを繋ぐ~」(12個入り、7344円)、「ヴィタリテ ~未来と繋がる~」(9個入り、5940円)、「ワールド チョコレート マスターズBOX 2024」(8個入り、5184円)の4種類を用意する。

第3部として一般会期2月5~14日には「THE NEXT –ショコラの多様性–」を開催。約20の初登場ブランドを含む約60ブランドが登場する。イートインも充実させ、懐石料理の「ふしきの」(2月5~8日出店)やグルメバーガー専門店「アイコン」といった飲食店が、他ジャンルとチョコレートを掛け合わせた料理を提供する。