2024年07月15日

パスワード

購読会員記事

軽井沢・プリンスショッピングプラザ、電気自動車の充電設備を増強

軽井沢町内で最大規模の電気自動車充電設備を完備した「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」

西武リアルティソリューションズが所有・運営するリゾート型ショッピングモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」(以下軽井沢 PSP)は、電気自動車の充電設備を更新・増設して全18口に拡大し、軽井沢町内で最大規模の電気自動車充電設備を有する施設となった。

日本の代表的高原リゾートである軽井沢は、都心から100分程度の交通至便のリゾート地。軽井沢 PSPでも車利用の客が多く、その割合が約8割に達しているのに加え、近年は電気自動車の利用客が増えており、充電設備の増設を要望する声も高まっていた。

また、軽井沢 PSPでは2023年3月から施設内に大型の太陽光発電設備を稼働させ、施設全体の約2割の消費電力を太陽光発電で賄うなど、環境面に配慮したサステナブルな施設運営の実現を進めており、今回の電気自動車充電設備の増設もその一環だ。

増設した電気自動車の充電エリア

更新・増設の内容としては、5口設置していた電気自動車の充電設備を23年7月に機器を更新し、9月29日に13口増設した。具体的には、軽井沢町と「電気自動車充電インフラの整備等に関する協定」を締結しているプラゴ社の普通充電設備5口を更新。電気自動車世界シェアNO.1の米テスラ社製の専用充電器を新たに6口設置。そのうち米テスラ社製の専用充電器4口は急速で充電可能なスーパーチャージャーであり、軽井沢町内への設置は初となる。

これら充電設備の設置場所は、軽井沢 PSPツリーモールに隣接する駐車場内。18口の機器内訳は、テスラ専用スーパーチャージャー4口、テスラ専用普通充電2口、汎用型急速充電器2口、汎用型普通充電器5口、汎用型プラゴ普通充電器(機器更新)5口となっている。

(塚井明彦)