2024年02月28日

パスワード

購読会員記事

相鉄G、ゆめが丘駅前で開発中の施設名称を「ゆめが丘ソラトス」に決定

ゆめが丘駅前に建設中の大規模集客施設「ゆめが丘ソラトス」(イメージ)

相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントは、相鉄いずみ野線ゆめが丘駅前で開発を進める施設の名称を「ゆめが丘ソラトス」に決定した。約4万3000㎡の街区面積に建てられる同施設は、地下1階~地上3階(屋上駐車)建てで、延床面積約9万6800㎡、店舗面積約4万2000㎡の大規模集客施設となる。22年12月に着工しており、24年夏に開業予定だ。

同施設は、ゆめが丘周辺にある自然豊かで農業が盛んな地域資源を生かして「食」、「アクティビティー」、「教育・文化」など、様々な体験ができる交流型集客施設を目指す。屋上には約3000㎡という広さの遊具付き公園を配置。子供達が楽しく、のびのびと遊べて、子育て世代の交流ができる場となる。多様な生活シーンに寄り添う、豊富な種類のテナントは約140を予定する。10スクリーンの大型シネマコンプレックスの導入も計画中だ。

ゆめが丘ソラトスの位置図

横浜市泉区では最大規模の施設となり、相鉄いずみ野線ゆめが丘駅および横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅に近接しているほか、横浜市の主要な幹線道路である環状4号線にも面している。今年の3月18日に開業した相鉄・東急新横浜線により、東京都心方面とのアクセスにも恵まれた好立地にある。

ゆめが丘ソラトスのロゴ

ゆめが丘ソラトスの施設ビジョンは「Dear Life, Dear Local」で、施設コンセプトは「~ゆめが丘から生まれるローカルライフ、住まう・働く・訪れる。すべてのひとに届く、自分らしい“毎日”と、深まる“満足”~」。ゆめが丘ソラトスのロゴは、生活者へのプロミスである「発見」、「共感」、「 安全」、「 居心地」を4つのストライプで表現する。

(塚井明彦)