2024年04月12日

パスワード

購読会員記事

そごう・西武、法人向け健康管理アプリ 食事の写真にAIがアドバイス

そごう・西武は、百貨店初の取り組みとして、企業向けに、従業員の健康管理をサポートするウエルネスアプリ「Cool&Beauty24」の提案を始めた。体重や生活習慣の記録、健康診断のデータの閲覧に加え、食事をサポートする機能も持つ。画像やバーコードを読み込むことで簡単に食事内容を記録でき、AIがそれに合わせたパーソナルなアドバイスをする。従業員が自身の生活を改善するきっかけをつくり、企業側も従業員の健康管理面の課題を把握できる。新しいBtoBビジネスを通じて、企業の「健康経営」をサポートする狙いだ。

Cool&Beauty24は、主に「生活記録」、「食事サポート」、「健康診断データの閲覧」の3つの機能がある。生活記録機能は体重、体脂肪率、歩数、腹囲、睡眠時間、血圧を毎日記録、閲覧できる。

食事サポート機能は毎日の食事内容の登録で、摂取栄養素の解析、AIによるアドバイスやレシピの提案を行う。画像解析の技術より、スマートフォンで撮影した食事画像から簡単に記録できる。

セブン&アイ・ホールディングスの各グループ会社で取り扱うセブンプレミアムや、セブンイレブンで取り扱うPB商品であれば、バーコードの読み取りによる登録も可能。今後はそごう・西武各店のデパ地下で販売する商品も加え、より利便性を高める。

毎年受診する健康診断の結果も閲覧できる。従業員の健康への意識を高めると同時に、管理者向けの機能によって企業も組織ごとの健康管理面の課題を把握できる。