2021年10月21日

パスワード

購読会員記事

津松菱、地域商社事業を開始 県外での地域振興活動を本格化

「三重の食フェア」では米飯類が人気に

地域に根差した商業施設になるためには県や市などの行政から商工会議所、商店街、学校、生産者など、街づくりを視野に入れた地域との連携が欠かせない。津松菱はイベント・催事に長けた百貨店である。開催しているイベントの中には地域とコラボレーションして成り立っているものが少なくない。津松菱では地域商社事業を立ち上げ、今年9月から首都圏百貨店の食品催事場で三重県の物産催事をスタートさせ、県外での地域振興活動を本格的に開始した。

津松菱では新型コロナウイルス感染拡大で三重県に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令された影響などで昨年から今年にかけて中止となる催事が多くみられパワー全開とはいかなかったが、通常の年ならちびっ子からファミリー、物産展、外商向けまで多彩なイベントが展開されている。子ども向けなら「お仕事体験in松菱」、「ムシランド」、「キッズ&ティーンズモデルオーデション」、「夢のメダカ大祭典」などが代表的。物産展であれば春と秋の「北海道物産展」。

地域と連携した催事では地元三重の逸品を一堂に集めた「ふるさと三重物産展」はすでに20回も開催している。今年3月には県と地域の生産者と連携して「三重の産業応援フェア」を開催した。地域とコラボレーションした初商の「三重を楽しむ福袋」&「三重を楽しむ夏袋」も津松菱ならではの福袋として人気が定着した。両福袋とも県内のホテル、旅館、テーマパーク、レストラン、高校、農園などとコラボしてつくりあげている。今年の初商に登場した福袋でいえば、松阪市・鯛屋旅館の「完全個室松阪牛すき焼きプラン」(平日ランチタイム限定)、賢島 宝生苑の「サミット庭園をみながらのレストランランチ・温泉入浴付ペアプラン」、鳥羽シーサイドホテルの「ランチカレーと温泉入浴付ペアプラン」、鳥羽水族館の「イロワケイルカ飼育体験」(小学5年生以上対象)、相加高校調理クラブの「村林先生と生徒の皆さんによるケーキ作り教室」といった具合(いずれの福袋も数量限定・抽選販売)。その他、地域関連事業としては三重県の特産品を取り上げたショッピングサイト「三重の逸品百貨店」も展開している。

津松菱が取組む地域事業はこれだけにとどまらない。同社は地域商社事業を立ち上げ、県内の生産者と太いパイプをつくり、外に打って出て三重県の商材を売り込む体制を整えてきた。津松菱が主催となって首都圏の百貨店との交渉から生産者との出店調整、そして県の協力を得て実現にこぎつけ、首都圏を舞台に「三重の食フェア」の第1弾が松屋銀座本店でスタートした。

津松菱が主催した「三重の食フェア」

松屋銀座本店地下1階食品フロア催事場で開催(9月1日~7日)された三重の食フェアに登場したのは三重おわせ久喜の「うなぎ弁当」や「松阪牛弁当」、かいだ製麺所の「伊勢うどん」、吉田コロッケの「松阪牛コロッケ」、若松屋の「伊勢ひりょうず」(かまぼこ)、蔵元 中野酒店の「黒酒酢」、フードクリエイト蔵楽の「ガス海老天むす弁当」など。加えて同フェアに人を出せない生産者の商材については津松菱が販売代行するかたちでカステラの「デ カルネロ カステ(羊のカスティーリャプレーンカステラ)」(カステラ専門店のCARNERO FARM)と、コーラシロップの「イセカルダモンコーラ」(フローナル)を取り上げた。業者が自ら販売している前者の商材は地元の三重県は勿論、首都圏でも知られているが、販売代行商材のデ カルネロ カステとイセカルダモンコーラは首都圏ではあまり知られていない。とはいえ「今年3月に当店で開催した三重の産業応援フェアではデ カルネロ カステなどは行列ができ完売するほどの人気商材」(津松菱常務営業本部長川合正氏)。果たして首都圏で三重商材にどういう反応が出たのか。

首都圏でも知名度が高い弁当などは特に人気

同フェアの開催期間の首都圏は緊急事態宣言下にあり銀座といえども来街者数は減少している。同フェアにも影響し、土・日こそ人出はあっても平日に足を運ぶ顧客は少なかった。「残念ながら想定した売上げ予算に届かなかったが、やはり首都圏でも知名度が高いうなぎまぶし弁当、松阪牛弁当、ガス海老天むす弁当などの米飯を中心に、松阪牛コロッケ、伊勢うどん、伊勢ひりょうずなどは首都圏でも強かった。デ カルネロ カステは知られていないとはいえ『あ、このカステラが出てる』、『人気女優が結婚の引き出物に使ったカステラだ』、『ここで購入したカステラおいしかったからまた来たよ』といったように、知る人ぞ知るカステラとしてまずまずの反応があった」(川合常務)。

川合常務は「緊急事態宣言下にあってフェア開催のタイミングに恵まれなかったが、松屋銀座本店での三重の食フェアは首都圏での三重県の商材に対する反応を得ることができ、首都圏で三重ファンづくりをしていく上でもこれから首都圏の百貨店で開催していくフェアに弾みをつけてくれた」と語っている。同フェアは松屋銀座本店に続き、11月1日から東武池袋本店、11月25日から京急百貨店、22年1月5日から八木橋、1月20日から京王百貨店新宿店、3月後半から西武池袋本店で開催の予定。