2021年07月31日

パスワード

購読会員記事

良品計画、健康領域に参入 「まちの保健室」をオープン

良品計画は‶健やかな暮らし″を支える商品、情報、サービスを提供する健康領域に参入する。その第1弾として予防、維持から薬までを一気通貫で提供する「まちの保健室」を「無印良品 直江津」に8月1日にオープン(7月20日プレオープン)する。

無印良品 直江津に立ち上げるまちの保健室(約40坪)は、高齢化やコロナ禍で健康への関心と不安が増している中で、日頃の生活習慣や環境を整えるきっかけをつくり、自分の健康と気軽に向き合える場となることを目指す。まずは身体の状態を知ることからはじまり、外的要因から守る「予防」、心身や環境を整える「維持」、万一の際の薬の提供や健康に関する情報までをワンストップで網羅した商品・サービスを提供する。

まちの保健室は主に①「予防、維持」するための商品販売、②「調剤」を担う薬局、③「見える化」によるからだの測定、④「予防、維持」のための健康に関するイベントの4つの機能で働きかけていく。

①の商品販売では、衛生用品、寝つきをよくしたり眠りを深めたりするのを助ける寝具やアロマ、軽い運動に適したウェアやシューズ、体を支える食品(糖質10g以下の菓子や高たんぱくの菓子)など、無印良品で展開している商品を中心に健康維持に関連する商品を提案。②の薬局では、処方箋薬から漢方をはじめとした一般用医薬品を取り扱い、ひとり一人のかかりつけ薬局として健康をサポートする。また、漢方薬を多く取り揃え、健康相談カードを使用し、個々人の体質や症状を伺えながら体に本来備わっている自然な治癒力を助け、おだやかに体を改善していく漢方を提供する(医薬品・一般用医薬品販売:クオールホールディングス)。

③のからだの測定では、店頭で身長、血圧、体組成(体脂肪率や筋肉量など)を医療現場などで使用されているプロ仕様の機器で測定可能で、測定データの変化を見ていくことでトレーニングや健康管理の成果を把握できる(測定機器協力:タニタ)。④の健康に関するイベントは、クオールホールディングスによるイベントの他、上越市・頸城自動車・良品計画の3者連携包括協定に基づき、行政・地域医療・地域事業者と連携して地域に根差した健康をテーマにしたサービスや情報を提供する。

クオールホールディングスが展開する健康イベントは、「健康体操教室」(毎週水曜日、参加費用無料)、「からだ健康測定会」(月1回第1日曜日、同一部有料)、「薬剤師の漢方講座」(月1回第1木曜日、同無料)、「子育て大学」(月1回第2木曜日、同無料)、「管理栄養士セミナー」(月1回第3木曜日、同無料)。からだ健康度測定会では健康づくりに役立つ血圧血流測定、骨量測定、体組成測定、疲労ストレス測定、健康カウンセリングなどを行い、日頃から自分の健康状態を知ることで病気の予防や生活習慣の見直しができる内容だ。薬剤師の漢方講座では未病の対策に、健康のサポートに、気軽に漢方を取り入れられるよう専門家が分かりやすく説明する一般向けの漢方講座。

無印良品 直江津は20年7月20日、頸城自動車が運営する「直江津ショッピングセンター」に5000㎡近い売場面積でオープンした。地域の‶くらしの真ん中になる″ことをテーマに、上越地域の良いものや楽しみ方を紹介して魅力を伝え、くらしに役立つ新しいコンテンツやサービスを盛り込んだ店づくりを特徴としている。パートナー企業による食関連店舗や地元農産品や特産物を販売する「なおえつ良品市場」、スターバックスコーヒーとMUJI BOOKで構成した「BOOKS&CAFE」、誰でも気軽に利用できるコミュニティスペース「OpenMUJI」、上越地方ならではのアウトドア「MUJI CAMP TOOLS」などの特徴的な売場を設け、中山間地を対象に「移動販売バス」も走らせている。