2021年08月01日

パスワード

メリーチョコレート、バターが香る焼き菓子を夏ギフトに提案

今年もお中元商戦が始まった。コロナ禍で2度目の夏。ギフトを得意とする企業が行ったアンケートによると、75%の人は中元の送り先は変わらないと回答。「直接会えないからお中元をおくる」という声も聞かれる。

中元の定番で百貨店の売上げランキングでも毎年上位に入る洋菓子。夏はゼリーやアイスクリームが人気だ。そんな中、日本を代表する洋菓子メーカー「メリーチョコレートカムパニー」は今年の一押しとして焼き菓子を挙げる。「日持ちがして、暑い夏も常温での配送や保存が可能。バターが香る焼き菓子は市場でも人気で、『おうちスイーツ』として家族みんなで楽しめる」(メリーチョコレートカムパニーマーケティング本部広報宣伝部小林香氏)と、贈る人にも受け取る人にもメリットが大きい。またゼリーをはじめとする「クールデザート」は猛暑には強いが冷夏だと伸び悩む。「天候を読むのは難しく、夏場は冷房が利いた部屋で過ごす人が大半。天候に左右されず好調な焼菓子を訴求し、中元やパーソナルギフトの拡販に繋げる」とした。

フランスで高度な技術を伝承していける職人に国家から与えられる「MOF(Meilleur Ouvrier de France)」を受賞した、ブルーノ ル・デルフ氏が監修するブランド「サヴール ド メリー」は人気商品。おいしさの秘密はフランス産岩塩だ。素材の持ち味を引き立てる岩塩を生地に練り込み、風味よく焼き上げた。ラインナップはリーフパイ、アーモンドトップ、ココア&バター、バター、ストロベリーホワイトチョコレートチップ、チョコレートチップ、キャラメルヘーゼルナッツ、ココアアーモンドの8種類。

またしっとりとした食感に焼き上げたケーキ「サヴール ド メリー ガトー」も発売。香り豊かなバターを使用し、チョコレートや洋酒に漬けたフルーツ、紅茶などを合わせてふっくらとした仕上がり。価格はクッキーとリーフパイのサヴール ド メリーの14枚入りが1080円、22枚入り1620円、29枚入り2160円、41枚入り3240円。ガトーは1個から購入できる単品194円、5個入972円、10個入り1944円、15個入り2916円、20個入り3888円。またサヴール ド メリーとサヴール ド メリー ガトーは店頭で好みの詰合せも可能だ。

夏の定番、「国産果実の果樹園倶楽部」

毎年の定番であるクールデザートも定評がある。フルーツゼリーの詰合せギフト「国産果実の果樹園倶楽部」はこの時期ならではのおすすめ。のど越しの良いゼリーに国産の果実を閉じ込めたジューシーな一品。果実本来の甘さやゼリーのなめらかな食感が楽しめる。器に盛りつけたり、凍らせてシャーベットのようにして食べてもおいしい。ラインナップはさくらんぼ、パイナップル、洋梨、伊予柑、白桃、葡萄、林檎。お酒を使用していないので子供でも楽しめる。

価格は6個入り1620円、8個入2160円、12個入り3240円、16個入り4320円、20個入り5400円。

この「国産果実の果樹園俱楽部」も入るギフトセット「デザートコレクション」はメリーチョコレートカムパニーの夏のデザートが一挙に楽しめる。ゼリー「フルーティーワン」、「国産果汁ゼリー」、「北海道カスタードプティング」を詰め合わせた。価格は2700円、3240円、4320円、5400円の4種類。

ギフトは百貨店のギフトセンターやメリーオンラインショップで購入できる。