2024年06月14日

パスワード

「伝統と革新」をテーマ「Hankyu.Mode Gallery」

国内外の新進気鋭のクリエーターが集合!

3人のクリエーターが織りなすマーケット

期間:8月16日(水)~22日(火) ※最終日は午後6時終了
場所:博多阪急 1階メディアステージ
今回、5回目の開催を迎える「Hankyu.Mode Gallery」は、国内外の新進気鋭のクリエーターが一堂に介するキュレーションイベントです。
今回は“伝統と革新”をテーマに、業界の既存の型にはまらず、新たな価値を生み出す3人のクリエーターが出店します。ユニークなデザインのラグやクッション、国内外の美しい景色から着想を得て生まれたお香をはじめ、日本の四季や自然をイメージし、独自の作風を追求し生み出される有田焼の器や伝統的な和菓子の概念にとらわれず、新しいアイデアと遊び心をプラスした四季折々の和菓子など、暮らしの中に取り入れることで新たなインスピレーションや表現のきっかけを与えてくれるプロダクトをご紹介します。

今回のイベントでは、各業界の既存の型にはまらず“伝統と革新”を追求している

①アートラグ、②上生菓子、③有田焼 の3つのテーマでご紹介いたします。ここでしか出会えない3人の魅力を実感いただけます。

①新進気鋭なクリエーションが特徴なアートラグ

「STUDIO THE BLUE BOY(スタジオ・ザ・ブルーボーイ)」

国内外でアートディレクターやグラフィックデザイナーとして活動する正田 啓介氏(しょうだ けいすけ)が立ち上げた、ラグやお香を中心としたインテリアアイテムを制作するデザインスタジオ「STUDIO THE BLUE BOY(スタジオ・ザ・ブルーボーイ)」が九州初出店。ブランドを代表するアートラグは、京都のラグ職人とタックを組み織り上げており、従来のラグのイメージを変える曲線を活かしたデザインや立体的なデザインなどユニークなものが特徴。オリジナル・ナチュラルインセンス(お香)は、一本一本職人の手により丁寧に作られた日本が誇るお香です。※イベント期間中は、全日、正田 啓介氏による相談会も開催

※ラグは受注生産のため、承り後、約5-6週間後に、順次お客様宅へご配送させていただきます(送料は有料となります)

・イベント期間中、ブランド主宰・アートディレクターの正田 啓介氏によるコーディネート相談会を開催

コーディネート相談会では、ご自宅のお部屋のイメージやご要望に合わせて、ラグのデザイン、カラー、サイズをはじめ、コーディネートのポイントについてご案内させていただきます。

STUDIO THE BLUE BOY主宰 正田啓介氏による コーディネート相談会

ご予約:https://hhinfo.jp/entry/hakata/event/detail/h_m_g

参考:STUDIO THE BLUE BOY イメージ動画 https://www.youtube.com/watch?v=t6RwQB7FkTI

「季のせ(ときのせ)」

宇美八幡宮の中にある和菓子店「季のせ(ときのせ) 」が登場。季節折々の美しさ、色鮮やかで独創的な和菓子作りをされており、熟練の技と勘、日本の長い歴史の中で培われてきた多彩な製菓技法を用いて、四季のうつろい、花鳥風月を表現した上生菓子の製作など、和菓子から広がる新しい世界観を日々追い求めています。

燦々(1箱)2423円 マンゴー、アップル、アプリコット、パイナップル、レモン、オレンジ、クランベリーの7種のドライフルーツをモヒートリキュールでさっぱり仕上げた夏の羊羹。冷蔵庫で冷やすと、より一 層おいしくおいしく召し上がれます。

うみもなか(1個) 182円 職人がひとつひとつ真心込めて手作りした「季のせ」の看板商品。丁寧に炊いた厳選北海道産小豆に国産柚子を混ぜた爽やかな柚子餡を、石に見立てた胡麻最中に詰め込んで風味豊かに仕上げました。

③伝統的な有田焼に新たな魅力を

「百田暁生(ももた あきお)」

有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みている、有田の陶芸家「百田暁生氏(ももた あきお)」が登場。伝統の中にモダンさがうかがえる新鮮な作品が多く、日本の伝統に新たな解釈をもたらし、これからの未来に寄り添っております。スタジオ・ザ・ブルーボーイとのコラボお香立ても登場。

(左から)青白磁角皿(約16×16cm)7700円、青白磁器(約6×6×5.3cm)1万4300円、青白磁片口(約8×7×5.5cm)1万6500円

瑠璃(約11×13×62cm)77万円