2021年12月05日

パスワード

2021私の針仕事展 ~ステイホームで静かに盛り上がる「手仕事」ブーム

サスティナブル視点でも注目したいダーニング、刺しゅう

1年半にわたる自粛の日々、突然もたらされた「おうち時間」の過ごし方として、「手仕事」を始める人が増えています。
また、「サスティナブル(持続可能)」視点からの「手仕事」へのアプローチもみられます。
展示のメインとなるトップキルター5人の作品に加え、刺しゅうデザイナーの青木和子さんの作品展示コーナー、「サスティナブルな針仕事」として注目されている野口光さんのダーニング、キモノヤーンという端切れを使って衣服や着物を生まれ変わらせる技法、スタイルを紹介します。また、時代を反映した手仕事作品として、「マスク」「エコバッグ」「革小物」「布ぞうり」なども展示します。

 

■名称:2021私の針仕事展 同時開催:キルトマーケット
■会期:8月24日(火)~9月1日(水)
*開場時間は店舗営業時間に準じます
*最終日は当会場のみ午後4時閉場*入場は閉場時間の30分前まで
■会場:西武池袋本店 7階(南)=催事場
■入場料:大人500円、大・高生300円、中学生以下無料
*クラブ・オン、ミレニアムカード会員は300円(優待料金)で入場いただけます
*障がい者手帳各種ご提示で、ご本人さまと同伴1名さままで無料で入場いただけます

  • 今回注目!その1)青木和子さんのステッチライフ

◆刺しゅう
日々の暮らしを刺しゅうで表現する青木和子さんの作品を展示します。庭に咲く草花をモチーフにして、絵を描くように刺しゅうをした作品が、多くのファンの心をとらえ続けています。

青木和子さんプロフィール:刺しゅうデザイナー。武蔵野美術大学卒業後、日本カラーデザイン研究所を経てスウェーデンに留学し、自然とデザインの美しさ、ライフワークバランスを学ぶ。自宅のガーデンを長年手掛け造詣も深い。『青木和子の小さな刺しゅうの旅』(日本ヴォーグ社刊)など著書多数。

 

  • 今回注目!その2)持続可能(サスティナブル)な針仕事

◆ダーニング
ほつれや破れを素敵に繕う技法「ダーニング」の第一人者、野口光さんの刺し手の人生に寄り添う針仕事の世界を紹介します。

ダーニングは、英語で「繕う」を意味する言葉で、イギリスに古くから伝わるとてもシンプルな家庭での繕い方法。ダーニングマッシュルームというきのこ型の道具を使い、隠す繕いから刺しゅうのように色とりどりの糸で「見えるように繕う」楽しい針仕事です。

野口光さんプロフィール:武蔵野美術大学卒業後、英国の大学でテキスタイルデザインを学ぶ、ニット生地のデザインを得意とし、その後ブランドを立ち上げる。長らく英国、南アフリカに生活拠点を置き、現在は国内で活動。10年ほど前に英国人の知人の繕ったセーターを見て関心を持ち、技術を伝授してもらい、ワークショップやカルチャースクールなどの活動に取り入れた。作品が反響を呼び、ダーニングの道具を独自に開発するなど、普及につとめている。

◆キモノヤーン
生地や端切れのアップサイクル商品の企画、開発、販売を手掛ける ㈱リクラが手掛ける着られなくなった着物の端切れを糸にしたキモノヤーンにより生まれ変ったさまざまな作品を展示します

  • パッチワークキルト ~トップキルターの「おうち時間」

キルターたちの憧れの存在、人気・実力ともトップの5人の作家、黒羽志寿子さん、こうの早苗さん、小関鈴子さん、斉藤謠子さん、鷺沢玲子さんが「おうち時間」をどう過ごしていたのか、部屋仕立ての展示でご覧いただきます。

黒羽志寿子「Harmony 響演」

こうの早苗「バラの香り」

小関鈴子「赤いドレスに出会った日」

斉藤謠子「FAGEL PIPA(鳥笛)」

鷺沢玲子「フルーツ オブ グレイス ツリー(恵みの木の実)」

みんなの「おうち時間」
ウォーグ社の型紙売り上げデータなどをベースに、コロナ禍で多く手づくりされたアイテムを紹介します
マスク、エコバッグ、革小物、布ぞうり

  • キルトジャパンコンテスト2020入賞作品

第4回の入賞作品から、タペストリー部門と袋もの部門、それぞれの上位作品を展示します。

  • 【同時開催】キルトマーケット

日本各地から人気のショップ29社が一堂に出店します。憧れのキルト作家のこだわり作品やキルトキットなど、さまざまな手芸の材料が揃います。今回注目は、トップキルターの「おうち時間」に展示の作家こうの早苗さん、斉藤謠子さんのショップの出店です。

【出店店舗】

AKEMI SHIBATA 柴田明美、アトリエ しまの、ウラガ・ソーイング・プランニング、キルトギャラリー瑞 南久美子、キルト糸ん布る(しんぷる)、キルトスタジオOui、キルトルームくうにん 宮本邦子、こうの早苗 デ・トゥークール、ここほれわんわん、コットンショップ 浜、コットンハウス ARIOKA、古布おざき 尾崎美智子、サーティーズFeedsack&Collectibles、斉藤謠子のキルトパーティ、刺子古布創作工房 作エ門、十二月屋染物店、ジョアン 丸屋米子、瀧田裕子のキルトポット、ダックリン、デコラーレ decorare、西本典子 布絵アート、布スペース黒羽、布ふれんず、ハッピーキルト 横田弘美、Bee’s Chat 成城 井草眞弓、BLEU CURACAO FRANCE、Mix Jam by 円座佳代、ゆびぬき堂、レースのランタン企画  (五十音順)

※キルトマーケットの出店店舗は変更となる場合がございます。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になる場合がございます。また、各種催し・サービスの中止や延期、商品入荷遅延や販売中止、価格変更が発生する場合もございます。あらかじめご了承ください。
※時差来店にご協力ください。

西武池袋本店
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
電話番号:03-3981-0111(大代表)
営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)
*最新の営業時間は以下より確認ください。→ https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/rinjikyugyo2004.html
ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/