2024年06月22日

パスワード

高島屋創業190周年 「悉皆(shikkai) -風の時代の継承者たち-」

高島屋は、創業190周年を記念し、現代アーティスト29名による新作が一堂に会する美術展「悉皆 -風の時代の継承者たち-」を、2021年8月4日(水)の日本橋高島屋での開催を皮切りに、高島屋大型各店(大阪、京都、横浜、新宿)にて順次開催します。

本展のタイトルでもある「悉皆(しっかい)」とは、「ことごとく」を意味し、呉服業では洗い・染織・刺繍など着物にかかわるすべてを請け負い、優れた職出先を仲介することを指します。それになぞらえ、高島屋が美の仲介者(プロデューサー)となり、高島屋史料館収蔵作品や、高島屋にまつわる歴史などをインスピレーションの源として、現代の表現者である29名のアーティストに新作を依頼し、本展にて一堂に発表します。

時代や表現方法を超え、美が姿を変えながらも新しい時代・空間へと継承されていくその様を、高島屋の美術画廊にてご堪能ください。

<出品作家(29名)>

青野文昭、浅井康宏、淺井裕介、池田晃将、池田学、石黒賢一郎、今泉今右衛門、小野川直樹、笹井史恵、重野克明、諏訪敦、田中信行、田辺竹雲斎、束芋、中村弘峰、袴田京太朗、橋本雅也、舟越桂、前原冬樹、増田敏也、町田久美、三沢厚彦、ミヤケマイ、森村泰昌、ヤノベケンジ、山口英紀、 山村慎哉、 山本大貴、 和田的(※50音順、敬称略)

<展示内容(一部)>

・作家名:今泉今右衛門

1962年 佐賀県に生まれる
2014年 重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定
2003年以降 高島屋 他各百貨店にて 個展開催

※高島屋史料館所蔵品:前田青邨 作 「みやまの四季を」を元に制作

 

・作家名:束芋

1975年 兵庫県に生まれる
主な個展 2009年 「断面の世代」 横浜美術館/神奈川・国立国際美術館/大阪
主なグループ展 2011年 「第54回ヴェネチアビエンナーレ」日本館 / ヴェネチア、イタリア

 

・作家名:森村泰昌

1951年 大阪府に生まれる
主な個展 2016年 森村泰昌自画像の美術史「私」と「わたし」が出会うとき/国立国際美術館
主なグループ展 2018年 第12回上海ビエンナーレ/上海当代芸術博物館

・作家名:ヤノベケンジ

1965年 大阪府に生まれる
主な個展 2016年 ヤノベケンジ展「シネマタイズ」/高松市美術館、香川
主なグループ展 2019年 瀬戸内国際芸術祭

特別展示 【日本橋店限定】

展覧会開催に合わせて、日本橋高島屋1階正面ホールと正面ウインドウに、「公益信託タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞」受賞者である金氏徹平氏と、グループ「目[mé]」の作品を特別に展示します。[展示期間] 2021年7月14日(水)~8月17日(火)

※展示イメージ

 

<会場情報>

・会期会場
2021年8月4日(水)~8月17日(火)日本橋高島屋S.C.本館6階美術画廊
2021年9月29日(水)~10月5日(火)大阪高島屋6階美術画廊
2021年11月24日(水)~11月30日(火)京都高島屋6階美術画廊
2021年12月15日(水)~12月21日(火)横浜高島屋7階美術画廊
2022年1月19日(水)~1月31日(月)新宿高島屋10階美術画廊
※営業日・営業時間につきましては、ホームページをご覧ください。※各会場とも、会期最終日は午後4時閉場です。WEBサイト:https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shikkai/index.html