2024年05月21日

パスワード

購読会員記事

パルコ、現代百貨店と戦略的協業

Hyundai Department Store Co.,ltd代表取 締役ジョン・ジョン氏(左)とパルコ代表取締役兼社長執行役員川瀬賢二氏(右)

パルコが韓国の大手百貨店「現代(ヒュンダイ)百貨店」と、戦略的協業に関する基本合意を締結した。パルコは韓国のファッションブランドやエンターテインメントなどを日本で展開するだけでなく、日本のファッションやカルチャーなどをアジアのトレンド発信地であるソウルを通じ、世界に向けて発信する。渋谷PARCOでは5月から7月にかけて現代百貨店とコラボレーションし、韓国のファッションブランドのポップアップストアを開く。

渋谷PARCOは、デジタルネイティブ世代であるミレニアル世代とZ世代(=MZ世代)が中心顧客。生まれながらインターネットに触れ、国境を越えた価値を共有できる世代だ。現代百貨店は韓国でMZ世代へのアプローチに注力する百貨店で、特に21年2月にオープンしてソウルの新たな観光スポットとなった百貨店「THE HYUNDAI SEOUL」(ザ・ヒュンダイ ソウル)は、一部では“韓国の渋谷PARCO”と呼ばれる。渋谷PARCOと同様、ラグジュアリーブランドと次世代のトレンドブランドが共存し、カフェやエンタメなどが融合。パルコと現代百貨店は共鳴する部分が多い。

今回の基本合意締結によって、日本への韓国のコンテンツやカルチャーなどの誘致はもとより、韓国のマーケットに向けた日本初のコンテンツの提供も視野に入れる。将来的には渋谷PARCOおよびパルコのエンターテインメント事業を軸に、渋谷PARCOを基点に開発する「トーキョーカルチャー」などの発信に取り組んでいく。

今後は、現代百貨店が発掘し、ファッションアイコンに成長した韓国ブランドが日本に上陸。 渋谷PARCOをはじめ全国の主要都市のPARCO各店で、ポップアップストアを開催する。5月には「THE HYUNDAI×PARCO Limited Store with NUGU」をラインナップ。渋谷PARCOの3階、POPUP SPACEを会場に2カ月間に亘って9ブランドが連続して登場する。

「The Barnnet」は、ソウルで最も早くミレニアル世代の女性ファンを増やしているブランド

渋谷PARCOでパク・ソジュンがアンバサダーを務めたことで話題となった韓国ブランド「NOICE」(5月10~16日)を皮切りに、韓国のトレンドに敏感な若者から支持を集める「EMIS」(1階、7月12~28日)、昨年10月に同店でのポップアップで話題となった「Matin Kim」(5月24~30日)、2人の女性デザイナーが手掛ける韓国発レディストリートブランド「MSCHF」(6月7~13日)などのほか、「ORR」(5月31日~6月6日)、「FOTTSFOTTS」(6月14~20日)、「The Barnnet」(6月21~27日)、「Sienne」(6月28日~7月4日)などを予定する。

ファッションだけでなく、エンタメコンテンツも同時に披露される。NOICEでは日本でも人気の高い韓国の国民的俳優、パク・ソジュンが特別来日するイベントを予定する。

(塚井明彦)