2024年05月23日

パスワード

購読会員記事

J.フロント、ブロックチェーン新興企業に出資

J.フロントリテイリングは、トークン発行型のクラウドファンディングサービスなどを手掛けるフィナンシェ社に、約7億5000万円を出資した

J.フロントリテイリングは、ブロックチェーンを用いたトークン(電子証票)発行型のクラウドファンディングサービスを手掛けるFiNANCiE(フィナンシェ)に約7億5000万円を出資した。フィナンシェと協業し、メタバースやweb3(ウェブスリー)でトークンを使ったビジネスを開発したり、eスポーツなどでファンをコミュニティ化したり、地域の名産品の発掘や育成を支援するトークンを生かして地方創成につなげたりして、新たな収益源を確立する。

J.フロントリテイリングは目下、既存事業の革新や新規事業の開発に力を注ぐ。昨年10月には、eスポーツチーム「SCARZ(スカーズ)」を保有するXENOZ(ゼノス)社の株式50.8%を取得して子会社化。eスポーツ事業に参入した。今年3月には、イグニション・ポイントベンチャーパートナーズと共同で運営するファンドを介し、アートのプラットフォームを運営するThe Chain Museum(ザ・チェーンミュージアム)社に出資。業務提携契約も結び、アート領域の深耕にアクセルを踏んだ。

フィナンシェ社とも業務提携する方針で、「両社の強みを掛け合わせ、新たな提供価値を共創する」(J.フロントリテイリング)。フィナンシェ社はクラウドファンディングサービス「FiNANCiE」をはじめ、NFT事業、IEO(暗号資産を用いた資金調達)支援事業などを展開。200以上のスポーツチーム、エンターテインメントや地方創成のプロジェクト、個人などのトークンの発行および販売、企画、運用を行っている。