2024年05月24日

パスワード

購読会員記事

東急百貨店本店、55年の歴史に終止符

シャッターとともに歴史に幕を下ろす東急本店

東急百貨店本店は1月31日で営業を終了し、約55年の歴史に幕を閉じた。最終日はオープンから大勢で賑わい、売場ではなじみの販売員との別れを惜しむ客も目立った。客数は前年同日の5倍を記録したという。閉店の19時を迎えると、稲葉満宏本店長が挨拶。「1967年11月1日にこの地に誕生して以来、55年間の長きに亘り皆様に支えられ営業を続けられた。心より感謝する」と述べた。東急百貨店は本店を閉じたが、渋谷ヒカリエ ShinQsの大規模改装に着手するほか、フードデリバリーの強化、ワインの路面店の開業などを通じ、培ってきた渋谷地区の顧客基盤を維持・拡大していく。

店舗の周辺では多くの人が足を止め、写真を撮るなどで“最後の姿”を焼き付けた

“最後の日”は、熱気と惜別で満ちあふれた。店舗の内外に客や報道陣が大挙。外では人々がこぞって店舗を写真に収め、報道陣は撮影やインタビューに余念がない。中では商品が徐々に姿を消し、客と販売員の会話からは別れの言葉が漏れ聞こえる。店内で囲み取材に応じた稲葉本店長は「(営業終了について)寂しい思いだ。55年と3カ月間、この地で営業してきた。本当に多くのお客様に支えられてきたと実感する。今朝は開店前から長蛇の列で、多くのお客様から『ありがとう』と声をかけられ、手紙も頂戴した」と述べた。

大勢で賑わう食品売場

5階では「こんなに人が多い光景を初めて見た」という声が聞こえてきた

まさに「グランドファイナルセール」となった31日は、各売場に人が絶えなかった

人波がピークを迎えたのは閉店まで1時間半を切った頃で、販売員らが長年の愛顧に対する感謝の気持ちを込めて客にドライフラワーを渡す「フラワーライングリーティング」が1階の南口で始まった。廃棄される予定の花を生まれ変わらせたドライフラワーだ。本店を閉じても、東急百貨店は別の形で渋谷地区での歴史を未来へ継承していくという意志を表現した。「本店はこの地での営業を終了するが、百貨店には色々な売場や機能があり、渋谷ヒカリエ ShinQsにブランドを移設したり、ワインの路面店を出したりして、渋谷地区での商売を続けていく」(稲葉本店長)

これまでの愛顧に感謝し、客にドライフラワーを手渡した

19時を過ぎ、全ての客が店舗を後にすると、正面口前で稲葉本店長が挨拶。冒頭に感謝の言葉を連ねた後、「本店では営業終了に向け、『THANKS&LINK』というテーマを設定した。THANKSにはお客様への感謝の気持ちを、LINKには皆様との絆を大切にし、つながり続けたいという私達の想いを込めた。そしてLINKにはもう1つの意味がある。外壁の懸垂幕には東急百貨店のスタッフと共に神南小学校の児童達が写る。次の世代の子供達に、渋谷の美しい未来をつなげていきたいという私達の願い込めた懸垂幕だ」と説明した。

さらに「渋谷には(本店以外に)東急百貨店が運営する店舗がある。渋谷ヒカリエ ShinQs、渋谷 東急フードショー、渋谷スクランブルスクエア内の売場などで、本店で支持されたワイン売場も3月に路面店として新たにオープンする。本店跡地では再開発のプロジェクトが進んでおり、今まで本店で頂戴してきたご愛顧を、今後も渋谷で変わらず賜りたい」と力を込めた。

事実、2月以降はリニューアルをはじめ新たな施策が目白押しだ。渋谷ヒカリエ ShinQsは2月から順次改装。主に化粧品を扱う地下1階には「シャネル」(1日)、「ラ・プレリー」(3月下旬)、「ゲラン」(8日から仮設営業、4月1日に完成)、地上2階には「パテック フィリップ」、「カルティエ」、「ピアジェ」、同5階には「グランドセイコー」、「クレドール」、「ザ・シチズン」(以上、4月から順次)を導入する。百貨店業界では時計や宝飾品の売上げが好調で、2階と5階に受け皿を整える。5階には外商顧客用のサロンやイベントスペースも新設する。

2日には、デリバリーアプリ「menu」との提携でフードデリバリーをスタート。渋谷 東急フードショーで扱う惣菜や弁当、和洋菓子、酒類、生鮮品など約1000品目を約6km圏内に届ける。東横のれん街や東急フードショーエッジに広げる計画もある。

3月10日には、本店のワイン売場を路面店化した「THE WINE by TOKYU DEPARTMENT STORE」をオクシブビルの1階に開く。約2000種類のワインを揃え、ソムリエなどの有資格者も配置。有料試飲会やセミナーなどのイベントも実施する。

本店の跡地では、東急、LVMHグループの投資会社L Catterton Real Estate、東急百貨店が再開発を計画中。地下4階~地上36階の複合ビルを建て、商業施設やホテル、レジデンスなどで構成し、竣工は2027年度を見込む。

(野間智朗)

東急百貨店、ワインの路面店を3月10日に開業