2022年08月11日

パスワード

購読会員記事

東急プラザ銀座、体験型の夏休み企画を充実化

開業1周年を迎えバージョンアップした「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO」

東急プラザ銀座が「“体験する”夏休み」を開催する。開業1周年を迎えたのを機にバージョンアップした新感覚の体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO」(以下ZUKAN MUSEUM GINZA)と、「やってみた展~カラダで学ぶ遊園地~」(以下やってみた展)の2つをメインイベントと位置付ける。そのほか7月15日~7月末にかけて「東急プラザポイント5倍DAYS」、「東急プラザアプリ会員Thanks Day」、「ゆかたで銀ブラ2022~昭和レトロ~」も開かれる。

開業1年で来館者数が15万人を突破した「ZUKAN MUSEUM GINZA」は7月15日からバージョンアップし「第二章/新たな生き物に出会う旅」がスタートした。世界で初めて深海でのダイオウイカの様子を撮影することに成功した窪寺恒己氏の監修の下、今回新たにできたディープシーゾーンに巨大なダイオウイカがリアルな動きで出現。ほかにも人気動物ナンバーワンのジャイアントパンダの登場や、生き物の家族の様子やライバル関係など、より一段と“地球”の様子を描き出している。

やってみた展は「体験することは学ぶこと」をテーマとして、楽しさの中に学びが詰まった、子供から大人まで興味、関心を広げるきっかけとなる多種多様な「やってみた」体験コンテンツでなる体験型アミューズメント。ドームの中の360度シアターを通して、海の中にどのような生き物が住んでいるのか海底散歩を楽しめる「海の中を散歩してみた」、臨場感溢れるモーションライドに乗って恐竜の時代にタイムスリップできる「恐竜に会いに行ってみた」など、10種の体験コンテンツを楽しめる。大阪で大好評を博し、東急プラザ銀座が東京で初開催となる。期間は7月16日~9月4日(平日:11~18時、土・日・祝:10~18時)、場所は4階、主催はラフ&ピース マザー。

「海の中を散歩してみた」(イメージ)

館内各店を対象にした東急プラザポイント5倍DAYS(期間:7月15~18日、23~24日)は、通常100円で1ポイントのところ、期間中は5ポイントを付与する。東急プラザアプリ会員Thanks Day(期間:7月15~18日、23~24日、30~31日)では、アプリ会員を対象に館内で利用できるドリンクチケットをプレゼント。アンケートに回答すると応募できるプレゼントキャンペーンも実施する。会場は3階の上りエスカレーター横。

7月30日に開催するゆかたで銀ブラ2022~昭和レトロ~では、和装で来店した子供にZUKAN MUSEUM GINZAのチケットをプレゼントしたり、大人も楽しめるフォトスポットを設置したりする。会場は3階の上りエスカレーター横。そのほか、7月1~31日まで館内各店で最大70%オフとなる夏のセール「TOKYU PLAZA The SALE夏」を開催中だ。