2024年02月29日

パスワード

スタイル、「ミラ・ショーン」でブランドらしさとトレンドを表現

30~40代のお洒落な女性に向けたアイテムを展開する

スタイルの「ミラ・ショーン」は今秋冬、トレンドを取り入れながらもブランドらしさのある商品を発売する。コクーンシルエットや一枚革仕立て、モノグラム柄といった最近のトレンドに、同ブランドの代表的なデザイン「ダブルフェイス」やアーカイブからのインスピレーションを盛り込んだ。8月からバッグで3シリーズ、財布で2シリーズを順次展開する。

同社はコロナ禍以降、新常態に適したアイテムを模索したが、顧客から〝ブランドらしさ〟を求められていることを実感したという。実用性に目を配りつつ、ミニマルでスタイリッシュなアイテムを取り揃える。

アシンメトリーなデザインも特徴の「セレーノ」

「セレーノ」(2型、3万4100~3万9600円)は一枚革仕立ての牛革のバッグで、カッティングの美しさを際立たせたシンプルでシャープなつくりだが、ミラ・ショーンらしい女性らしさやモダニズムも感じさせる。革の表面と裏で異なる色を配し、ミラ・ショーンを代表するデザイン「ダブルフェイス」を表現した。

デイリーで使いやすい「アウローラ」シリーズ

タウンユースを目指した「アウローラ」(4型、1万780~2万4200円)は、ポリエステルの生地にモノグラム柄をプリントした。モノグラム柄は繊細なグラデーションで表現している。ギャザーやストリングスを付けてスポーティーな要素を取り入れ、日常的に使いやすくした。使いやすいアウトポケットなども充実している。

フェイクファーバッグの「フェリーチェ」は同色のチャームも付く

フェイクファーバッグの「フェリーチェ」(2型、1万6500~1万9800円)は、トレンドのコクーンシルエットを意識したフォルムが特徴。ハンドル部分はアクリルチェーンで、アクセサリー感覚で使用できる。

右が「テネラメンテ」、左が「ピエトラ」シリーズ

財布では、パイソン柄の「テネラメンテ」(5型、1万450~1万9800円)が登場する。イタリアのレザータンナーによるもので、柄をプリントして型押しした上にさらに銀色の箔を押し、パイソン柄を表現している。世界的に蛇は幸運の象徴と言われており、縁起の良さも意識した。

「ピエトラ」(5型、9350~1万8700円)はパール加工を施したソフトなレザーを使用したシリーズで、ミラ・ショーンらしく、シンプルながらエレガントに仕上げている。同色のブローチと、ブランドロゴが入った引手がポイント。定番型の財布に加え、リール付きパスケースや、スマートキーを収納しやすいキーケースなども揃える。