2022年07月07日

パスワード

購読会員記事

新橋にエキュートエディション、3月24日開業

メインエントランス(イメージ)

JR東日本クロスステーションデベロップメントカンパニーは3月24日、JR新橋駅に新たな商空間「エキュートエディション新橋」をオープンする。施設のコアターゲットである「時間とコスパは大事にしながらも日々の生活にこだわりをもつ30~40代の男女ビジネスパーソン」を中心に、新橋で働くビジネスパーソンがリラックス・気合い入れ・テンションアップなど、ポジティブな方向に気持ちが切り替えられるよう、一日中様々なシーンで利用でき、「気持ちの良い質の高いサービス」、「本当においしいもの」、「居心地の良い空間」を提供する施設づくりを目指している。

エキュートエディション新橋はすでに営業を開始している6ショップと、新規に加わる7ショップからなり、目玉として登場するのが「食を楽しみながら、人、街、時間をつなぐ」がテーマの駅ナカフードホール「HORA ANA table(ホラ アナ テーブル)」。ホラ アナ テーブルは新橋駅の象徴である高架下アーチ空間を活かして作ったフードホールで、新橋のオフィスワーカーが同僚と、大切な人と、あるいはひとりでも、一日中利用できる空間として「サザコーヒー」、「伊勢角屋麦酒」、「立食い寿司 根室花まる」に「ToMoRrow Gallery(ツゥモロー ギャラリー)」も加わる。

サザコーヒーは全国のコーヒー通の間で常に高い評価を得ているスペシャルティーコーヒー専門店。クラフトビール居酒屋を展開する伊勢角屋麦酒は国内外に多くのファンをもち、世界中のビールコンペティションで金賞受賞している常連店。北海道・根室発の寿司店の根室花まるはほたて・さんま・真立ち(真だらの白子)などを売りとした、地元北海道からの旬の食材を提供。エキナカでアートの買えるトゥモローギャラリーではアーティストが“ギャラリー”として使用。不定期にアーティストが入れ替わり、訪れるごとに新しいアートとの出会いを愉しめるスペースを提供。

駅ナカフードホール「HORA ANA table(ホラ アナ テーブル)」

ホラ アナ テーブルのある1階(北側改札外)には缶詰専門セレクトショップの「カンダフル」の他、現在営業中の「FANS.」(靴磨き&修理)、「FUKAHIRE fin-fin」(フカヒレ麺・飯)、「Truffle mini」(ベーカリー)、「刷毛じょうゆ 海苔弁山登り」(弁当)、「NewDays」(コンビニエンスストア)、「KENELESTAND」(カプセルトイ専門店)で構成されている。地下1階(汐留地下改札外)に登場するショップは「これもう食べた?」のスイーツ・フーズのイベントショップが設けられ、初回品川区・新馬場駅近くに店を構える洋菓子店パティスリー「エスリエール」が登場(3月24日~4月15日まで出店)。その他、海鮮丼・寿司の「sakana bacca(サカナバッカ)」、リペアサービスの「ミスターミニット」などで構成される。