2022年01月23日

パスワード

購読会員記事

大丸東京店、「明日見世」でドコモと共同でAIによるデータ分析を開始

大丸東京店は1月12日に、運営するショールーミングスペース「明日見世(asumise)」で、NTTドコモと共同でAI顔認識ソフトウエアによるデータ分析の実証実験を開始する。店舗レイアウトや店舗運営の改善で、顧客満足度を上げ、出店ブランドへのフィードバック情報の向上を目指す。同日より第2弾のテーマ「私とあなたの個性と出会う」を始め、19ブランドを展開する。

同サービスは、画像認識ソリューションの開発を支援するクラウドサービス「ドコモ画像認識プラットフォーム」にReal NetworksのAI顔認識を搭載している。スピーディーに処理するだけでなく、複数人いる場面や眼鏡、サングラスやマスク着用時、表情を作っている時、明るさが不十分な環境下でも正しく顔認識ができるなど精度が高い。認識精度は、業界最高水準の99.87%である。また、映像から個人を特定せずに、性別、年齢の推定もできる。

去年10月にオープンした明日見世は、1月12日~4月5日の期間中、「私とあなたの個性と出会う」を第2弾のテーマとし、「Laborica」、「KIPPU」、「明日 わたしは柿の木にのぼる」など、ライフスタイル雑貨やファッションアイテム、パーソナライズ・カスタムビューティーや、フェムケアアイテムを19ブランドを扱う。今後も「Social good(サステナブル、地域貢献)」、「Essencial beauty(プロダクトのストーリーや美しさ、機能美)」や「Breaking stereotypes(固定観念から脱却できるような商品背景)」の3つのポイントを満たすブランドを品揃えする予定だ。