2022年01月28日

パスワード

三陽商会の「トランスワーク」35周年 人気の「美Jacket」シリーズがさらに進化

2021年秋冬の新作のスタイリング

三陽商会のレディスブランド「TRANS WORK(トランスワーク)」が今年ブランド創立から35年を迎えた。機能美とシルエットの美しさを追求したコレクションが働く女性に支持され続けている。30周年の節目に開発された「美Jacket」はトランスワークの代表的なアイテムだ。長きに亘って愛されるブランドづくりの秘密を開発担当者に聞いた。


トランスワークは1986年に立ち上げられた。バブル景気が始まり、ボディコンシャスなスタイリングが流行、DCブランドが注目されていた時代だ。そんな中、ニューヨークのキャリアウーマンをイメージした「スーツを主軸にしたレディスブランド」として誕生し、有職者に向けたファッションを提案し続けてきた。ブランド創設時から「大人の女性のワークとライフを繋ぐ接点の役割をする服」をコンセプトにしており、一人の女性として、キャリアとして、妻や母としてなどいくつものライフシーンを持つ人をターゲットとしている。当時はキャリアを積み重ねていく女性は少なかったが、その女性の社会進出とともに成長してきたブランドである。

1989年春夏のスタイリング(左)と1986年秋冬のブランドデビュー時のスタイリング

前述の通りトランスワークのコレクションの変遷は女性の働き方の変化によるものが大きい。デビュー年の1986年は「男女雇用機会均等法」が施行され働く女性は、1985年に2367万人であったのが1990年には2593万人と大幅増(厚生労働省「働く女性に関する対策の概況」より)。その後も1992年バブルが崩壊し育児休業法が施行されるとシンプルで着心地の良いジャケットがブランドの主力商品に。2016年の「女性活躍推進法」施行と時を同じくしてブランド設立30周年を迎え、働く女性の新しいベーシックジャケットとしてロングセラーとなっている「美Jacket」が完成した。2019年に「美Bag」、2020年には、「美Jacket」、「美Skirt」、「美Slim Pants」の商標登録を取得している。

ブランド創設から35年経つと、普通のファッションブランドであれば「顧客の若返り」や「世代交代」などが大きな課題となってくる時期であろう。しかしトランスワークは一貫してスーツを主軸にしており、その時スーツを必要とする女性から自然と支持されるためあえて若返りを図る必要もない。店頭の販売実績でフリー客が多いのもその現れだ。現在店頭売上げの約7割が新規顧客だという。いつの時代もスーツを必要としている人に支持されるモノづくりをしてきた証拠だ。

その代わりモノづくりには並々ならぬこだわりがある。登場以来働く女性から絶大な支持を集める美Jacketを中心とした「美シリーズ」は特にそれを体現している。全方向に伸びる素材を使用し、一日来ていても快適な着心地だ。シワになりにくく、ウォッシャブル、抗菌消臭などケアが簡単なのもうれしい。デザインは身体のカーブに沿うパターンを採用し、どこから見ても美しいシルエットを実現した。注目したいのはバックスタイルだ。肩甲骨の下からヒップにかけての背中のS字ラインに沿うパターンで、年齢の出やすい背中をスッキリと見せている。サイズも34~50とレディスには珍しい9サイズを用意し、身体に合わせて選べるようにした。

2021年9月8日にオープンした大丸梅田店7階のトランスワーク

美Jacketは年々進化を遂げている。リモートワークの推進でカジュアル化が進んだ2021年の春夏には、カーディガンのように羽織れるロングタイプのジャケットを発売。「売場からお客様のリアルな声を頂戴し、デザインやサイズ展開を決定している。チーム一丸となって素材開発からこだわり、パターン開発にもじっくり時間をかけてオリジナルの美シルエットを作り上げているので、毎シーズン購入される方や色違いで購入してくださる方も多い」(三陽商会事業本部婦人服ビジネス部トランスワーク企画課長山根浩樹氏)。

商品企画を手掛ける山根さんは「ECも伸びているがやはり店頭で試着していただきたい」と語る。工場まで足を運び素材の開発から携わっているだけに、その思いもひとしおだ。35周年では記念商材として過去人気があったシリーズを復刻し注目を集めている。今後もトランスワークは働く女性の相棒として毎日着られるワークスタイルを提案し続けていく。

「TRANS WORK」(トランスワーク)

女性らしさの中にも凛々しさの薫る、エレガントで高品質・高感度なリアルクロージングをトータルで提案。2021年秋冬の美シリーズはジャケットとカーディガンの中間アイテムとして軽く羽織れるロングジャケットと定番のテーラードの2型が登場。セットアップにもなるスカートとパンツ(各1型)、セレモニーなどにも使えるバッグ(2型)を展開する。

主な価格帯:コート 3万3000~6万6000円、ブルゾン・ジャケット 2万5300~3万9600円、ニット・カットソー 9900~2万6400円、スカート 1万8700~2万6400円

販路:百貨店、EC

ブランドサイト:http://www.transwork-net.com/