2022年05月19日

パスワード

スキャンデックス、「レ・クリント」からキャンドルライトの限定色発売

どんな空間にもなじむ新色「ブラック」

スキャンデックスは、デンマークを代表する王室御用達の照明ブランド「レ・クリント」から、キャンドルライトの限定色としてブラックを11月5日に発売する。都会的であらゆる素材に馴染むため、日本の家庭でも取り入れやすい色味。

キャンドルライトはデンマークの人々が大切にしている習慣「ヒュッゲ」を、いつでもどこでも気軽に取り入れられるようにと制作された。デンマークでは季節や時間帯を問わず、部屋でキャンドルを灯し、くつろぎの時間を過ごすことが習慣として深く根付いている。

このキャンドルライトは本物のロウからできたキャンドルの先にLEDの炎が灯る。ガラスドームに反射する光が、癒しの光の世界を演出する。揺らめく炎の光は本物の炎と見間違えるほどあたたかみがあるが、火は使用していないため、消し忘れが不安な就寝前や、子どもやペットがいる家庭でも安心して使用できる。コードレスの充電式バッテリーを使用しており、リビングやベッドサイド、ベランダなど、家の中のあらゆる場所に持ち運ぶことも可能だ。

充電式バッテリー採用で家の中のあらゆる場所に持ち運べる

今回発売になるブラックはオーク材のハンドルに、コルクの土台、ガラスのドームを合わせる。ナチュラルな雰囲気のライトオークと比べて、シックで都会的、上品な印象を与える。オーク材にブラックで塗装したマットな質感で、窓際や木の棚、アイアンやコンクリート調の場所など、あらゆる素材の空間にフィットする。

価格は2万2000円。デザイナーはジョージ ジェンセン、アイラーセン、ロイヤルコペンハーゲンのデザインを手がけてきたPhilip Bro Ludvigsen(フィリップ・ブロ・ルドヴィセン)。