2021年11月27日

パスワード

購読会員記事

高島屋大阪店、「ファイナンシャル カウンター」を7月28日開設

※画像はイメージ

高島屋大阪店は7月28日、「タカシマヤ ファイナンシャル カウンター」をオープンする。高島屋のホスピタリティーと金融の専門性を兼ね備えた相談員がライフプランに関する相談を受け、顧客一人ひとりのの要望に沿って、将来設計に応じたファイナンシャルプランの提案や、実現に向けた金融商品の代理・仲介、信託サービスの媒介、取次などを一カ所で行う。長寿化が進み「人生100年時代」が到来しつつある中で課題となっている、生涯の生活を支える金融資産の長期・安定的な形成を顧客に提案する。

カウンターを開くのは 高島屋大阪店7階。同フロアにセミナールーム、個別相談室もある。運営は高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社(以下、TFP)が主体となって行う。個別相談室によってプライバシーを守りつつ落ち着いた環境で相談でき、セミナールームでは無料のセミナーも定期的に開催する。「日常のお買物の延長線上で、夕刻や土日にも気軽に安心してご利用いただけるカウンターを目指す」(高島屋)としている。

無料サービスは主に4種類。ライフプランや希望を聞いてその実現に向けたファイナンシャルプランを作成する「オーダーメイドファイナンシャルプランニング」、ファイナンシャルプランニングで聞いた希望に基づき、一人ひとりに合った投資ポートフォリオ設計や保険の見直しサービスを行う「資産形成アドバイス」、遺言書作成や遺産整理、信託を用いた相続対策など、提携する信託会社への媒介、取次を通じて次世代への円滑な資産の承継をサポートする「資産管理・承継サポート」、「はじめての資産運用」や「家計の見直し」など、客の関心事に沿ったセミナーを定期的に行う「ファイナンシャルセミナー」を用意する。

金融商品としては、SBI証券との業務提携によって同社が取り扱う約2600種類の投資信託から、投資スタイルに合わせた商品を選べる。その中から長期資産形成に役立つ良質な運用が期待される商品を、外部専門家の意見も参考に「タカシマヤセレクション 投資信託」として推奨、案内する。

タカシマヤカードで投資信託の積立購入ををすると、毎月のカード積立金額に応じて高島屋の店舗や高島屋オンラインストアで使えるタカシマヤポイントが貯まる。さらに積立継続期間に応じてポイント率が高まるプログラム(1~2 年目 0.1%、3~4 年目 0.2%、5 年目以降 0.3%)で、長期投資をサポートする。

2020年6月に東京・日本橋に開いた「タカシマヤ ファイナンシャル カウンター」も好調に推移している。百貨店を訪れる富裕層とサービスの親和性が良く、買い物のついでに相談できる点、投資信託や生命保険、損害保険など様々なサービスの相談がワンストップでできる点、土日にも空いている点などが人気の要因となっているようだ。