2021年12月09日

パスワード

購読会員記事

鶴屋百貨店、福岡常務が社長昇格

鶴屋百貨店は5日に取締役会を開き、新社長に福岡哲生常務取締役企画本部長が昇格する人事を内定した。久我彰登社長は代表権を有する会長に就く。鶴屋百貨店がトップを交代するのは10年ぶり。5月下旬に開催予定の株主総会の終了後に正式決定する。

鶴屋百貨店は“バトンタッチ”の理由を「コロナ禍による変化が2~3年は続くと予想され、それに対応していくためにはトップの若返りが必要と判断した」と説明した。

福岡常務は、過去に様々な部門を担当。特に販売促進部では多くの物産展や文化催事を手掛けた。例えば「全国有名駅弁当とうまいもの大会」を“名物”に育て上げたほか、当時は地方百貨店に出ていなかったメーカーの誘致にも辣腕を振るい、媒体とタイアップして集客力を高める手法も確立させたという。

福岡哲生(ふくおか・てつお)氏略歴

1962年10月8日生、熊本県出身、58歳

1986年3月明大卒

1986年4月鶴屋百貨店入社

2009年2月専門販売部長

2016年5月執行役員販売促進部長

2018年5月取締役企画副本部長兼業務部長

2019年5月常務取締役企画本部長