2024年02月24日

パスワード

人気店の麻婆豆腐が大集合!「新宿麻婆豆腐百貨店」

お好みの”辛み”を見つけてください!

■会期: 2024年1月27日(土)~2月1日(木)
■会場: 伊勢丹新宿店 本館地下1階 フードコレクション
特設サイト: https://www.mistore.jp/store/shinjuku/feature/foods/pickup/2401/2401_02.html

伊勢丹新宿店 食料品フロアの「フードコレクション」では、毎週、今話題のアイテムや、全国のおいしいものが一堂に集まる「食」のイベントを開催しています。
1月27日(土)~2月1日(木)の期間は、話題の人気店から中華の名店まで、個性豊かな麻婆豆腐が集結する初イベント、「新宿麻婆豆腐百貨店」を開催します。イベント会場では、多くのブランドが店頭にて実演販売も行うので、会場には麻婆豆腐の香ばしい匂いが立ち込めます。会場にはイートインスペースもあるので、その場で麻婆豆腐の食べ比べも可能。ぜひこの機会にご来場ください。

  • 「新宿麻婆豆腐百貨店」から抜粋!バイヤーおすすめ6選

●【初出店】<陳麻婆豆腐>陳麻婆豆腐 (1パック)1001 円 【実演販売】
1862年に創業し、麻婆豆腐の発祥とされる<陳麻婆豆腐>。四川省に構える本店から継承した伝統のレシピは、辛みとまろやかさのバランスが秀逸。元祖麻婆豆腐オリジナルの味を堪能できる一品です。イベントでは他にも、「チーズ陳麻婆豆腐」や「ホルモン陳麻婆豆腐」も販売予定。

●<神田味坊>ウエールズラム使った「羊肉たっぷり麻婆豆腐」(1パック)1501 円 【実演販売】
中国黒竜江省出身の店主が腕を振るうガチ中華の名店<神田味坊>。古くはラム肉を使っていたという麻婆を、英国ウエールズ産のラムで再現。四川と英国の伝統が融合した伝統的でかつ新しい麻婆豆腐です。
イベントでは麻婆豆腐以外にも、ラム肉を使った肉まんや餃子といった総菜も登場します。

●【初出店】<重慶飯店>白麻婆豆腐 (1パック)1501円 【実演販売】
四川料理の老舗として1959年横浜中華街に創業した<重慶飯店>。長年愛され続けた王道の系譜を継ぎながらも進化を遂げた”白い”麻婆豆腐。「赤い色は辛いイメージがありすぐに想像出来るが、白い色イコール辛いには結び付かない」そんな驚きを美味しさと共にお届けしたいという遊び心から生まれた、一味違った味わいを楽しめる一品です。鶏挽肉のさっぱりとした旨味に、青山椒の爽やかな香りや痺れが口に広がります。

●【初出店】<台北餃子 次々>宮崎県産有田牧場の黒毛和牛を使用した麻婆豆腐 (1パック)1491 円 ※伊勢丹新宿店限定販売
<次次(チィチィ)>とは、『お客様が何回も食べたくなる、次々とお客様が来てくれる』という意味を込めたお店。 台湾・台北の西門近くの路地裏に佇む、地元の人たちから愛されている老舗人気店から伝授した料理が楽しめます。伊勢丹新宿店限定で販売される麻婆豆腐は、宮崎県の有田牧場が全面協力のもと、黒毛和牛で仕上げました。お肉から出る甘味やコクが餡の辛味と絶妙に絡み合った一品です。

●【初出店】<四川料理・麻辣十食>白子入り麻婆豆腐 (1パック)1981 円
<四川料理・麻辣十食>は、28年間四川で料理の経験を積んだ料理長がてがける、つくばのガチ中華・本格中国料理の店です。この季節にしか食べられない「白子入り麻婆豆腐」は、豆腐とかなり食感が似ており、クリーミーで濃厚な味わいを持つ白子をぜいたくに入れた一品。豆板醤,ラー油,花椒と一緒にコトコト煮ることにより味が染みいった、今まで食べたことのない味わいを楽しめる麻婆豆腐です。

●【初出店】<日本橋 古樹軒>フカ麻婆(1パック)2001 円 【実演販売】
<日本橋 古樹軒>は大阪心斎橋にある日本トップシェアのフカヒレ屋が営む中華料理店。フカ麻婆は贅沢に1/3を鮫肉している麻婆豆腐です。下処理した鮫の身をふわふわに仕上げて一緒に煮込みました。見た目は豆腐と変わりませんが、鮫と豆腐の全く違う食感と味が1皿で両方楽しめます。仕上げにフカヒレと葱を和えたものを盛り付け、鮫全体を味わってもらえる贅沢な一品です。

その他の出店ブランド(順不同)
<海底撈>火鍋風麻婆豆腐/<四川料理 華美>緑麻婆豆腐/<陳家私菜>元祖頂天 石焼麻婆豆腐/<175°DENO担担麺>「伊勢丹限定花椒ブレンド」麻婆豆腐

※価格はすべて税込です。
※出店店舗、出品商品が変更になる場合がございます。
※仕入れ状況、収穫状況により、商品内容、限定数量が変更になる場合がございます。
※写真はイメージになります。
※営業時間が変更になる場合がございます。