2024年05月30日

パスワード

中村倫也さんがスペシャルサポーター「野生動物と暮らしてみたら展」

憧れの共同生活を通して分かる、野生動物たちの生態と新たな学び

目が覚めると野生動物と一緒に暮していたら…?
野生動物たちとの夢の共同生活。一緒に暮らすことで見えてくる、動物の生態や特性、そして地球環境のこと…。

京都高島屋では、従来の動物を題材にしたイベントとは趣を変え、「野生動物と一緒に暮らしている」仮想空間を日常生活の中で体験することで、改めて野生動物たちの生態や特性、一緒に暮らす難しさなどを楽しく学べる展覧会「野生動物と暮らしてみたら展」を2023年9月14日(木)から開催します。

朝、目が覚めたら、家の中は野生の動物たちと暮らす世界に。キッチンでは焼肉を狙っているライオンが、リビングではゴリラが優雅にテレビを見ていて、お風呂はホッキョクグマに占拠されて順番待ち…。一見、楽しそうな野生動物との共同生活も、実際にはお互い大変な思いを抱えることもあるはず。共同生活の空間の中にいる実物大の動物展示やパネルを通して、野生動物たちの習性や特性を楽しく学ぶことはもちろん、自由に撮影ができるフォトスポットなどを楽しんでいただける展覧会です。

「野生動物たちと暮らしてみたら」わかる学びとともに、野生動物たちと 地球上で共同生活するために「私たちができことは何か」を子どもも大人も一緒に考えられる展覧会「野生動物と暮らしてみたら展」を是非お楽しみください。

  • スペシャルサポーター

本展覧会のスペシャルサポーターには「無類の動物好き」としても有名な人気俳優、中村倫也さんが就任。
中村倫也さんの独自の目線、解釈で、野生動物との夢の暮らしを紹介するとともに、展覧会会場では、このイベントのためだけに中村倫也さんが描きおろしたオリジナルイラスト入りの特別グッズの販売も予定しています。
また、展覧会に合わせ、8月上旬に株式会社KADOKAWAより、本イベントとの連動企画となる新刊書籍「野生動物と暮らしてみたら-ゾウとおさんぽ ソファにパンダ-」が発売されます。展覧会同様、同書籍にも中村倫也さんのコラムやオリジナルイラストが掲載されるなど、展覧会と一緒に楽しめる内容となります。

中村 倫也(なかむら ともや)
1986年、東京都生まれ。俳優。
2005年デビュー。
2019年エランドール新人賞を受賞。
近年の出演作に、映画『ハケンアニメ』、ドラマ『石子と羽男』『仮面ライダーBLACK SUN』など。
待機作にドラマ『ハヤブサ消防団』(EX/7月スタート)がある。

  • 9月23日(土・祝)・24日(日)ワークショップ開催!

海洋堂プレゼンツ 「野生動物をぬってみたら」

動物フィギュアにアクリル絵具を使って塗装を行います。

■9月23日(土・祝)・24日(日)

各日 午前10時30分・正午・午後2時30分・午後4時 (各回20名様限り)

■会場:7階グランドホール「野生動物と暮らしてみたら展」会場内

■体験時間:約60分

■参加費:2500円(税込)

※参加費とは別に「野生動物と暮らしてみたら展」入場料が必要です。

■対象年齢:小学生以上

■受付方法: 事前予約制 予約受付期間 :9月22日(金)午後11時59分 まで

■ご予約受付:https://takashimaya-2.resv.jp/reserve/calendar.php?direct_id=1520&x=1694504977

 

  • 展覧会概要

■タイトル
「野生動物と暮らしてみたら」展
■会期
2023年9月14日(木)~25日(月)
■会場
京都高島屋7階グランドホール
■入場時間
午前10時〜午後6時30分(午後7時閉場)※最終日9月25日(月)は午後4時30分まで(午後5時閉場)
■入場料(税込)
大人(高校生以上)1000円、小中学生 500円、未就学児童 無料

■主催
株式会社エニー、株式会社KADOKAWA
■特設サイト
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/livewithwildanimal/index.html

<お問合せ> 京都高島屋:075-221-8811(代表)