2024年05月20日

パスワード

森岡書店×SIXIÈME GINZA 保護犬保護猫支援プロジェクト「1.2 Chocolate(ワンニャンチョコレート)」

SIXIÈME GINZA(シジェームギンザ・大丸松坂屋運営/GINZA SIX2F)は、2021年2月4日(木)~2月17日(水)の期間、森岡書店×SIXIÈME GINZAコラボレーション企画【保護犬保護猫支援プロジェクト】として<1.2 Chocolate(ワンニャンチョコレート)>3フレーバー・各2700円(税込)を発売いたします。

https://sixieme.jp/news/2021/01/c-pop-up-store.html

【一冊の本だけを売る】をコンセプトに、東京・銀座に店舗を構える「森岡書店」の店主森岡督行氏。今回本ではなくお菓子を題材に“森岡製菓”という架空のお菓子屋さんが、シジェームギンザとのコラボレーション企画として誕生いたしました。書店で本を発表する毎に差し入れを頂くことから、”日本一お菓子を食べている本屋”であると自負しているという森岡氏。個人的にもお菓子が大好きで、中でも板チョコのパッケージとデザインの面白さに興味を持ったことから本制作に至りました。

また、森岡氏とシジェームギンザがともにメッセージとして考える“一頭でも多くの動物たちが幸せに過ごせる社会”を目指して、今回制作するチョコレートは、保護犬保護猫への支援プロジェクト企画とし(※注)本収益の一部をNPO団体へ寄付させて頂きます。

チョコレート:東京・赤坂に店を構えるエクアドル産オーガニック・カカオ専門のチョコレート店「MAMANO CHOCOLATE(ママノチョコレート)」

左から【メープルシュガー】【ダブルベリー】【ソルト】各2700円(税込み)

赤坂の店舗でも大人気の「メープルシュガー」、「ダブルベリー」、「ソルト」3種のフレーバーを、オリジナルの板チョコ仕様に制作して頂きました。全てカカオ73%のチョコレートを使用しています。※数量限定につき、販売数量に達し次第販売を終了させていただきます。

パッケージデザイン:イラストや絵本の制作、食や旅にまつわるエッセイの執筆など、幅広い分野で活躍するイラストレーターの平澤まりこ氏

以前より保護犬保護猫の活動をされているという平澤氏。犬と猫が重なりあうように描かれたデザインは、様々なご縁の重なりや繋がりという思いが込められています。チョコレートを食べた後にも小物ケースとして末長くご愛用頂けるよう、パッケージの仕様にもこだわりました。(※注)本企画の収益の一部は、特定非営利活動法人(NPO法人)RencontrerMignonラコントレ・ミグノンへ寄与させて頂きます。

一頭でも多くの動物たちが幸せに過ごせる社会を目指して。

シジェームギンザ

【シジェーム ギンザ】GINZASIX 2F中央 https://sixieme.jp/

人生の経験を重ね、自ら選んだ価値観を持ちながらも“自分らしさ”だけにこだわるのではなく、“時代感”という“新しい価値観”を柔軟に受け入れることができる。そんな本質を極めつつしなやかに生きる大人の女性のために。[本物][上質][一流]であることを基本に、国内外から雑貨を中心にセレクトし、24時間365日“今”を楽しむスタイルを提案している。