2020年08月08日

パスワード

(髙島屋)「流山おおたかの森駅」周辺エリアにおける新規開発推進

2020/01/21 9:00 am

株式会社高島屋 ~駅前広場と一体となった商業施設「A3 街区」着工・2021 年春開業~

「流山おおたかの森駅」周辺エリアにおける 3 施設の新規開発を推進

<PDF詳細はこちら>

 

 

株式会社髙島屋(本社:大阪市中央区、社長:村田善郎)の連結子会社である東神開発株式会社(本
社:東京都世田谷区、社長:倉本真祐、以下、東神開発)は、つくばエクスプレス・東武アーバンパー
クライン「流山おおたかの森駅」周辺エリアにおいて、「A3 街区」、「B43 街区」、「B45 街区」(※)の3 施設の新規開発を推進いたします。

2007 年 3 月に開業した「流山おおたかの森 S・C」と直結する商業施設「A3 街区」は本年 1 月に着工
し、2021 年春の開業を目指します。他の 2 施設も 2021 年から 2022 年にかけて順次開業を予定してい
ます。

東神開発は「流山おおたかの森駅」周辺エリアにおいて、行政や鉄道事業者と連携したまちづくり事
業を積極的に推進しており、現在、「流山おおたかの森 S・C」本館を中心とする 6 施設(営業面積合計
54,900 ㎡)を運営しています。

 

今回の 3 施設の開発により営業面積を現在の 1.4 倍に拡大し、「都心から一番近い森のまち」として子育て世代の支持を集め成長を遂げてきた流山市のエリア環境を背景に、地域と共生しながらまちの新たな魅力を創造します。

 

※街区名は、流山市の都市計画事業「新市街地地区一体型特定土地区画整理事業」によるものです。