2024年02月24日

パスワード

購読会員記事

J.フロント、事業承継ファンドを設立へ

両社はコーポレートベンチャーキャピタル「JFR MIRAI CREATIONS FUND」も手掛けている

J.フロント リテイリングは、イグニション・ポイント ベンチャーパートナーズと3月を目途に事業承継ファンドを設立する。銘菓や酒類、惣菜、漆器などの工芸品といった「食」に関する事業を手掛ける国内企業が対象で、将来的な子会社化を前提に、過半数を出資。出資後は販路を提供したり、他企業との協業を促したり、人材を派遣したりして、経営を支援する。出資総額は数十億円を見込む。小売業者が事業承継ファンドを立ち上げるのは初めてという。

J.フロント リテイリングは「地域社会との共生」や「魅力あるコンテンツの創造・発掘」を重視する。とりわけ後者ではイグニション・ポイント ベンチャーパートナーズとコーポレートベンチャーキャピタル「JFR MIRAI CREATORS FUND」を設立し、複数のベンチャー企業に出資してきた。事業承継ファンドについては「地域の活性化を考える上で、各地に根差した企業およびコンテンツの損失は当社の損失。それを防げるだけでなく、独自のコンテンツの開発にもつながる」と狙いを明かした。

1社当たりの出資額は数億円を想定。J.フロント リテイリングは15店舗を擁する大丸松坂屋百貨店、17店舗のパルコ、GINZA SIXなどの実店舗、インターネット通販サイトなどを販路として提供するほか、グループで600万人を超える顧客基盤の活用、他企業とのコラボレーション、役員ら幹部級の派遣などを通じて経営を支援する。イグニション・ポイント ベンチャーパートナーズも、経営企画立案や事業開発、業務効率化、ブランドプロデュースなどの強みを生かす。出資した国内企業は2~3年後を目途に子会社化する方針だ。

ファンドの名称や出資総額、出資比率、組成日などは今後開示する。他の出資者も検討中だ。

(野間智朗)