2020年08月08日

パスワード

松屋銀座、新しい「テレビズ」ファッションを提案

2020/07/09 2:54 pm

松屋銀座本店は15日から紳士フロアで「テレビズ(テレワークのビジネススタイル)」の提案を開始する。コロナ禍で働き方が大きく変化した今、「働く服」に求められる要素も変わってきている。新しい生活様式に沿った「テレビズスタイル」のニーズが高まってきており、ブランドによってはビジネス仕様のポロシャツやきちんと見えて着心地の良いニットなどが前年比200%以上の売れ行きを見せる。松屋でも店頭やコンサルティングサービスで、「在宅勤務だから着心地が良く、でもオンライン会議できちんと見える服が欲しい」という声が急増している。担当者がおすすめするテレビズならではのポイントは「顔周り」。トップスをキーアイテムにコーディネートのポイントを挙げた。

ボタンダウンシャツ

台衿付きボタンダウン、ジャージー素材シャツ。濃い色はオンライン会議では避けたい

おすすめデザインはボタンダウンシャツ。襟先にボタンが付いており安定感がある。台衿のあるデザインはノーネクタイでもきちんとした印象に。伸縮性のあるジャージー素材を選べばストレスなく快適な着心地だ。

色は白や寒色系など清潔感のあるカラーを選びたい。白はレフ板効果で明るい顔色も演出できる。逆に細かい柄はモアレやハレーションを起こしてしまうため、カメラとの相性はよくない。

ドローコードのパンツ

紐付き、後ろがゴムのドローコードパンツ

画面には映らないパンツはドローコードやウエストゴムなどリラックスできるものがおすすめ。ストレッチ素材なら座り姿勢も無理なく維持できる。重要な会議にはオンラインでもジャケットは必須だ。伸縮性のあるジャージージャケットは動きやすくシワにもなりにくい。

女性の服の選び方

細かい柄より大きい柄をおすすめする

もしコーディネートに悩むならプロがアイテムを選んでくれるコンサルティングサービスが利用できる。女性限定でファッションのプロがスタイリングを提案してくれる。このサービスでも、現在ビデオ会議での映り方や服装の悩みが多く寄せられている。予約はウェブサイトから申し込める。価格は2.5時間5500円(2回)。