2024年04月18日

パスワード

オーロラ、オリジナル傘とスカーフのデジタルオーダー ギフトやグッズ制作にも

傘の老舗メーカー「オーロラ」のオーダーシステムが進化した。公式オンラインストアから購入可能で1本からオリジナルの傘を作ることができる。以前こちらの記事でも紹介したがそのシステムがさらに進化した格好だ。1月20日からはスカーフも商品ラインナップに加わった。

PCでの実際のデザイン画面

注文はPCやスマホなど様々なデバイスから行える。雨傘・晴雨兼用傘、長傘・折り畳み傘、開き方、サイズなどをまず11種類から選択。次の画面で自分の画像を取り込みデザインを始める。1面ずつ柄を選ぶことができたり、角度なども調整できるため世界に1本しかない傘を簡単に作ることができる。次に持ち手を選択し、折り畳み傘の場合は傘袋のデザインも行う。最終的な仕上がりは3Dでシミュレーションする。3Dモデルを拡大したり回転したりなど細部まで確認でき、閉じた様子もわかるようになっている。注文から1カ月~1カ月半で手元に届く。

価格も大幅に改定した。制作スピードやクオリティを保ったまま生産を中国に切り替ることで5500円~という価格で提供できるようになった。

サービス開始当初はペットの写真や子どもの作品などの利用が多かったが最近ではクリエイターからの視線が熱い。作成した傘は販売できるため、小ロットでできるオリジナルグッズとして注文が入る。昨年12月には 志茂田景樹氏を中心に活動をしているアーティスト集団「KS アーティストクラブ」12名がそれぞれ傘などをデザイン・作製し、銀座幸伸ギャラリーで展示販売会も行った。

オンラインサイトには参考になるアイデア集があり、プロのデザインやみんなの作品を見ることもできる。期間限定でプロのデザイナーが作成した傘が受注注文できるサービスやこのオーダーシステムを使用したギフトカードの販売などその機能を存分に生かしたサービスも提供している。

1月20日からは同サービスをスカーフでも利用できるようになった。プチスクエアは3850円からと手頃だ。傘と合わせてギフトにもピッタリ。今後はデザインコンクールなども開催する予定。

オーダーシステムはオーロラ公式オンラインストアより