2022年01月28日

パスワード

購読会員記事

八重洲地下街、来年以降に順次リニューアル 2月に人気カレー店の編集ゾーン

八重洲地下街が運営する「八重洲地下街」(通称、「ヤエチカ」)は、東京駅八重洲地区の再開発にともない、来年以降順次リニューアルする。地上の再開発ビル群との差別化のため、先進性と懐かしさを融合し、季節感や時間変化などを五感で感じられる空間を創出。来年2月にはヤエチカ初の編集ゾーンとして、カレーの人気店4店が集まる「TOKYO CURRY QUARTET(トウキョウ カレー カルテット)」を開く。

東京都八重洲地区では来年8月に「東京ミッドタウン八重洲」が竣工を予定し、そのほか再開発ビルの建設やバスターミナルの新設など、複数の再開発プロジェクトが進行している。これに合わせ、オフィスワーカーを中心に都心生活者、来街者に向けて居心地のよい空間をつくる。

歴史的価値を生かした普遍的な新しさや上質感、これまでのヤエチカとして培った居心地の良さや懐かしさを融合した、新しい八重洲らしさを「Yae-Chic-Style」と提案する。時間消費ではなく時間活用をしてほしいという思いから、人々が日常的に何度でも足を運びたくなる場所として、LDK(溜まり場)ゾーンをエリア内各所に展開する。

来年2月には、日本人のなじみ深いカレーの人気店が集結したTOKYO CURRY QUARTETがオープンを予定する。「奥芝商店」、「銀座スイス」、「コロンビア8」、「シターラ ダイナー」 の4店舗の様々なジャンルのカレーが楽しめる。